パラレルワールドラブストーリー(映画)原作ネタバレあらすじは?

2019年5月31日から公開の映画、「パラレルワールドラブストーリー」。Kis-My-Ft2の玉森裕太さん主演ということで話題になっています。

そんな「パラレルワールドラブストーリー」の原作や、ネタバレあらすじが気になりませんか?今回は、「パラレルワールドラブストーリー」の原作は誰なのか、ネタバレあらすじがどんなものなのかについて、ご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

 

パラレルワールドラブストーリー(映画)の原作は?

 

「パラレルワールドラブストーリー」の原作は誰なのでしょうか?「パラレルワールドラブストーリー」の原作について調べてみました。

 

 

「パラレルワールドラブストーリー」の原作ですが、1995年発売の東野圭吾さんの小説です。1958年、大阪生まれの作家さんで、1985年の江戸川乱歩賞を受賞した「放課後」でデビューされました。1998年の「秘密」で人気が爆発しましたね。言わずと知れた人気作家さんで、ドラマ化、映画化された作品を挙げたら、きりがないほどです。

 

▼クリックできます▼

 

東野圭吾さんは「容疑者Xの献身」で直木賞を取られましたね。2018年だけでも、「祈りの幕が下りる時」、「ラプラスの魔女」、「人魚の眠る家」の三作が映画化、今年に入っても、「マスカレード・ホテル」がすでに映画化されています。ドラマは、「ガリレオ」シリーズが有名ですね。元エンジニアのため、理系のトリックを使った作品が多く、また、元アーチェリーをしていたためか、スポーツも題材に扱っています。

「パラレルワールドラブストーリー」は二つの並行世界と、友情、愛情の狭間で揺れる物語です。序章と全10章からなっており、各章は前半と後半に分かれています。それぞれ、現実とパラレルワールドが描かれています。累計発行部数150万部の大ヒット作ですが、この部分を、どう映像化するのかが見どころですね!

主題歌は、宇多田ヒカルさんの「嫉妬されるべき人生」。7枚目のアルバム「初恋」の一曲だそうです。「初恋」は、森義隆監督が、映画に込めたメッセージと驚くほどリンクし、熱烈オファーしたとのこと。このコラボも魅了ですね☆

 

▼クリックできます▼

 

スポンサーリンク

 

パラレルワールドラブストーリー(映画)のネタバレあらすじは?

 

「パラレルワールドラブストーリー」のネタバレあらすじはどうなっているのでしょうか?「パラレルワールドラブストーリー」のネタバレあらすじもチェックしましょう。

 

出典:https://www.youtube.com/

 

 

「パラレルワールドラブストーリー」のネタバレあらすじですが、主人公は、玉森裕太さん演じる敦賀崇史です。大学生時代に、吉岡里帆さん演じる津野真由子を電車で見て、一目ぼれしました。ある日、親友の染谷将太さん演じる三輪智彦に彼女を紹介されます。それが、一目ぼれした真由子だったんです。

崇史は嫉妬します。しかし、目を覚ますと、真由子は朝食を作っています。崇史は同棲しているから当たり前だ、と思うんです。このように、現実とパラレルワールドが、並行して描かれるんです。

崇史と智彦はバイテック社という会社に入社し、「MAC技術専門学校」で教育を受け、研究を進めていました。バイテック社は「記憶の改編」に関する研究をしており、ここが物語の大きなポイントになります。崇史は、智彦との友情と、真由子をあきらめきれない気持ちの間で揺れ動きます。

そして、記憶が呼び覚まされていき、少しづつ、真実に近づいていきます。記憶を辿るため、実家で荷物を確認していると、智彦がかけている眼鏡が見つかります。そして「俺が智彦をころしたんだっ」と発言した記憶が。物語はどうなっていくのか?また、本当の愛とは?

 

本作では、「世界が変わりまくる驚愕の108分」というキャッチコピーがありますが、どの様な作品になるのか非常に楽しみです。原作共々見たい作品ですね。

 

■一足お先に原作でストーリーを先取り!

▼クリックできます▼

スポンサーリンク

 

■こんな記事も読まれています!

⇒直近公開(予定)映画のあらすじネタバレキャスト情報はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください