イニエスタの年俸推移バルセロナ2017年は?神戸での金額も知りたい!

2017年に引き続き期待されるJリーグ。イニエスタ選手はスペインの強豪バルセロナの代表的選手で、数々のタイトルを獲得してきた選手です。

そのイニエスタ選手はスペインのバルセロナから日本の神戸に移籍が決定しました!

2017年までの年俸推移はどんな感じでしょうか?そして、神戸での年俸はいくらなのでしょうか?

他の選手とイニエスタ選手の年俸推移を比較してみていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

イニエスタの年俸は?バルセロナ(2017年)の年俸ランキングをチェック!

 

まずは、バルセロナの選手の2017年の年俸ランキングを選手の特徴とともに記してまいります。

 

10位、アルダ・トゥラン:400万ユーロ (約5億2000万円)

トルコのイスタンブール出身で2015年にアトレチコ・マドリーより移籍してきました。ミッドフィールダーを割り当てられていますが、ここのところあまり結果を残してはいません。

2シーズンはリーガで18試合のみの出場今季はゼロという有様です。そのため、ガラタサライやアーセナルへ移籍するという説もあります。今のところトルコのイスタンブール・バシャクシェヒルへ2020年までレンタルされています。

 

9位、ジョルディ・アルバ:400万ユーロ (約5億2000万円)

スペインのルスピタレート・ダ・リュブラガート出身、左サイドバックが持ち場のスタミナ、走力に長けるディフェンダーです。

バルセロナのカンテラ→昇格できずUDコルネジャ→バレンシアで活躍→再度バルセロナという経歴の持ち主です。

 

8位、ハビエル・マスチェラーノ:480万ユーロ (約6億2400万円)

アルゼンチン・サンタフェ州サンロレンソ出身でイングランドのリヴァプールから来たディフェンダー。ボディコンタクトによるボール奪取に優れた選手です。

以前はボランチをやっていてビルドアップ能力もすごいです。しかし出場数が減っており、年齢による衰えを克服して頑張ってほしいものです。

 

7位、ジェラール・ピケ:580万ユーロ (約7億5400万円)

バルセロナ出身。下部組織→マンチェスター・U→バルセロナという経歴を持っています。高さとビルドアップ力が彼の特色です。

噂では、将来のバルセロナの会長?という説や妻のシャキーラ(歌手)と離婚との説があります。

 

6位、イヴァン・ラキティッチ:650万ユーロ (約8億4500万円)

スイス・アールガウ州ラインフェルデン出身、FCバーゼル→シャルケ04→セビージャ→バルセロナ、クロアチア代表のミッドフィールダーです。

2014-2015年UEFAチャンピオンズリーグ決勝戦での先制点が話題となりました。知的な一面も見せ、なんとドイツ語、クロアチア語、英語、スペイン語の四カ国語を流暢に話せるそうです。

 

5位、セルヒオ・ブスケツ:800万ユーロ (約9億2,000万円)

バルセロナ・サバデイ→2005年ウニオ・ジャバック→バルセロナの下部組織。アンカーという中盤の底でゲームをコントロールするミッドフィルダーです。

シャビ、イニエスタ、ブスケツのトライアングルが名場面。父であるカルレス・ブスケ・バロッソもバルセロナの1990年代のゴールキーパーで活躍しました。

 

4位、アンドレス・イニエスタ:800万ユーロ (約9億2,000万円)

スペインのフエンテアルビージャ出身、12歳でアルバセテ・バロンピエよりバルセロナの下部組織に入団。2002年10月、チャンピオンズリーグ「ブルージュ戦」でトップチームデビュー。ミッドフィルダー。

ビセンテ・デル・ボスケ監督も「完璧な選手だ。攻撃も守備もでき、得点することだってできる」とコメント。スペイン人最多の33タイトル獲得。(リーガ8回、コパ5回、チャンピオンズリーグ4回、クラブワールドカップ3回、欧州スーパーカップ3回、スペインスーパーカップ7回、ワールドカップ1回、EURO2回)

 

3位、ルイス・スアレス:1,600万ユーロ (約18億5,000万円)

フランスのヴェルノン出身のミッドフィルダー、2017年ドイツのドルトムントよりバルセロナへ移籍。ネイマールのような活躍を期待されたのに、入団してすぐハムストリングを負傷し離脱。

20歳とまだまだ若いので、移籍金と年俸に比例した活躍が期待されます。

 

2位、ネイマール:1,600万ユーロ (約18億5,000万円)

ウルグアイのサルトより現れたフォワードでイングランドのリヴァプールを経て2014年バルセロナへ加入。以降は中心選手として活躍し続けている。

3つのリーグ、すなわちエールディヴィジ(オランダ)、プレミアリーグ(イングランド)、リーガ・エスパニョーラ(スペイン)で得点王となった愛嬌があるが何かと問題の多い可愛い選手。

 

1位、レオ・メッシ:2,100万ユーロ (24億3,000万円)

アルゼンチンのサンタフェ州ロサリオ出身、13歳よりバルセロナの下部組織に所属、チームの顔とまで上り詰めた。4回のリーガ得点王。5回のチャンピオンズリーグ得点王。

2014FIFAワールドカップ大会MVP。「バロンドール」に5回選出され歴代最多受賞者である。基本給3000万ユーロ+契約延長ボーナス5000万ユーロ÷契約年数=1200万ユーロだそうです。

 

スポンサーリンク

 

イニエスタの年俸推移はどうだった?

 

イニエスタ選手の年俸推移と活動状況とともに見ていきましょう。

 

・2002年(18歳) 5000万円

当時アルゼンチンからリケルメ選手が移って来ましたが、期待を裏切る実績だったため代わりを探しており、ファン・ハール監督に見初められデビューが早まりました。

どんなにすごくても初めは300万円で翌年に1,000万円が普通なのにデビューした18歳の時点で年俸5000万円とはすごいです。デビュー前から高評価だったのでしょうね。

 

・2003年(19歳) 1億円

ライカールト監督が就任した年ですね。移籍してきたロナウジーニョ選手が話題となり出場数はしばらく減ってしまいました。

 

・2004年(20歳) 1億円

・2005年(21歳) 3億円

シャビ選手が膝を怪我して離脱したことで先発出場がアップしました。 これよりバルセロナの大切な選手となりました。

 

・2006年(22歳) 6億円

・2007年(23歳) 6億円

レアル・マドリードが70億円で獲得しようとしたと話題になりましたが、断ったことでバルセロナ信頼度がUPしました。

 

・2008年(24歳)6億円

監督にペップ・グアルディオラが就任し黄金期と言われる時代になりました。メッシ選手、イニエスタ選手、シャビ選手の3人が繰り出すパスワークはサッカー界を震撼させました。

 

・2009年(25歳)6億円

・2010年(26歳)9億円

先発の8割をバルセロナで固めた状態で南アフリカワールドカップで優勝しました。スペイン代表と同時にバルセロナが世界最強の名を轟かせました。

 

・2011年(27歳)9億円

・2012年(28歳)9億円

ペップ・グアルディオラ監督が退き、クラブは勢いを落としてしまいましたが、イニエスタ選手は絶対的な司令塔としての立場を固守しました。

 

・2013年(29歳)9億円

個人では最多の4度目のチャンピオンズリーグ優勝をしました。

 

・2014年(30歳)9億円

・2015年(31歳)9億円

シャビ選手が退団しました。先輩の退団はイニエスタ選手にも大きな影響を与えたことでしょうね。

 

・2016年(32歳)9億2000万円

この時期はパフォーマンスが下降&怪我の増加で出場機会が少なくなりました。しかし、30歳に達した後も年俸は下がることを知らず増え続けています。

 

・2017年(33歳)10億4000万円

・2018年(34歳) 11億円

バルベルデ監督のプレー時間管理のおかげで以前のペースを取り戻しました。 フル出場は減りましたが、体力は衰えても重要な試合の先発を務めるなど欠かせない戦力として活躍中です。

契約切れに伴い、退団を決断し後の世代にバトンタッチする意向を示しました。次の移籍先に注目されています。しかし34歳まで累計年俸額が約113億円とはすごいですね。年俸推移がこんなにすごい選手は少ないでしょう!

 

スポンサーリンク

 

イニエスタの神戸での年俸はどうなる?史上最高額?

 

23日に、Jリーグ関係者の話でバルセロナを今季で退団するスペイン代表のMFアンドレス・イニエスタ選手(34)がJ1神戸入りすることが判明しました。3年契約で年俸2500万ユーロ(約32億5000万円)とされています。

32億円はヨーロッパ基準の税引き後発表なので、日本の年俸の税引前の発表で考えると最高税率50パーセントなので年俸64億円となるようです。

ちなみにJリーグで営業収入が1位のチームの浦和レッズの選手総年俸が10億円なのでイニエスタ選手の年俸は浦和レッズの6倍になります。総額100億円でJリーグ史上最高額だそうです。

J1神戸を運営している楽天はグローバル戦略の中でバルセロナのスポンサーをしていて、友好関係といえます。それもあってか2017年には、元ドイツ代表、FWルーカス・ポドルスキ(32)も移籍していました。

他にもイニエスタ選手の移籍先に、中国スーパーリーグのクラブ、天津権健に年俸46億円という噂もありました。中国はスポンサー達がお金持の印象がありますが、日本だったら破産しそうですね。

 

イニエスタの移籍金は意外にもゼロ?!

 

イニエスタ選手の神戸への移籍金は、イニエスタ選手はこれまでバルサのみと契約をしてきたので、移籍金は一切かからないようです。また、2018年の今期で契約が終了な為、イニエスタは自分の好きなチームに自由に所属できます。

twitterフォロワー数が2000万人という世界に君臨するイニエスタ選手が神戸の味方になると経済効果も大きいでしょう。

イニエスタ選手の持つワイン事業とヴィッセル神戸の運営会社の楽天が業務提携するとも言われております。もしかしたらイニエスタ選手がテレビ、コマーシャルの顔になるかもしれませんね。楽天カードマンとか(笑)

バルセロナ時代からの年俸推移をみると3倍の年俸ですが、移籍金がかからないことや副収入など,トータルで見ると楽天はうれしい話なのでしょう。年俸推移からすると13億がちょうどよさそうに思えますが無理なんでしょうね(笑)

 

スポンサーリンク

 

イニエスタプロフィール

 

1984年5月11日生まれ、34歳。スペイン・フエンテアルビージャ出身。12歳でバルセロナに入団し、18歳でトップチーム昇格。

リーグ優勝9度、スペイン国王杯優勝6度、欧州CL優勝4度、クラブW杯優勝3度などに貢献した。

A代表デビューは2006年5月のロシア戦。08、12年欧州選手権&10年南アフリカW杯優勝メンバー。リーグ戦今季30試合1得点、同通算443試合35得点。代表通算125試合14得点。1メートル71、68キロ

 

イニエスタの年俸推移バルセロナ2017年は?神戸での金額も知りたい!まとめ

 

いかがでしたか?2017年のルーカス・ポドルスキ選手に引き続きイニエスタ選手も移籍してくるとは、鬼に金棒ですね。イニエスタ選手の年俸推移にも新たな歴史が加えられます。

現段階ではチームメイトの他のメンバーとは汀まさる待遇です。他のメンバーにも刺激が与えられるでしょう。これから日本のサッカー界にどんな影響をもたらしてくれるのか楽しみですね。

 

スポンサーリンク

 

<関連記事>

⇒イニエスタの息子(子供)バオロ君の年齢は?かわいい天使みたいな素顔!

⇒イニエスタの移籍決定会見!移籍金なしって本当?

⇒イニエスタの退団理由がワイン?神戸はいつから加入するのか!

⇒イニエスタの移籍金や神戸の年俸は?なぜ日本を選んだのか知りたい!

⇒フェルナンドトーレスの年俸推移は?師匠の由来を知りたい!

⇒フェルナンドトーレスとイニエスタの対戦試合は?二人の仲も知りたい!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です