うちの娘。(アニメ)ネタバレ結末まとめ!原作は?

スポンサーリンク

 

2019年7月からTOKYO MX/BS11ほかにて放送のアニメ「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。(略して『うちの娘。』)」ですが、原作はライトノベルだということをはご存知でしたか?

この作品は親子のハートフルな絆を描く物語ですが、原作のネタバレや結末も知りたいですよね。

アニメ「うちの娘。」の放送に関連して、今回は原作ライトノベルの結末をネタバレ込みで解説したいと思います!

 

■アニメを先取り★「うちの娘。」の原作ならネタバレがわかっちゃう!無料試し読みはこちら!

  • U-NEXTなら無料登録時にもらえる【600ポイントをつかって】お得に読めちゃう!
  • 動画も【31日間無料お試し】キャンペーン実施中!
  • 国内最大級の14万本(見放題9万本、レンタル5万本)+電子書籍32万冊のコンテンツ

▼クリック▼

⇒U-NEXTで【お得に】読む!

※本ページの情報は2019年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

うちの娘。(アニメ)のネタバレ、結末は?

 

アニメ「うちの娘。」の結末ですが、原作ではどのようになっているのでしょうか? 原作のライトノベル現在8巻まで発行されていて現在は完結しています。それらを踏まえて、あらすじや結末をネタバレつきでご紹介していきます! ネタバレを含むので、ネタバレをしたくない方は注意してくださいね。

「うちの娘。」の主人公はデイル・レキという18歳の青年冒険者です。ある日、彼は魔物を討伐する依頼を受け森に向かいます。18歳にしてすでに相当の実力を持つデイルは、依頼をなんなくこなし街へ帰還しようとしたところ、片方の角が折れている魔人と呼ばれる種族の少女ラティナと出会います。

 

出典:http://uchinoko-anime.com/character/

彼女は祖国を追放され、新たに暮らしていける場所を求めて実の父親と旅をしていました。しかし、その旅の途中に森の中で父親が行き倒れてしまいます。食べ物や薬もなく、しばらくして父親は亡くなってしまいます。ひとり残されたラティナは、その場で途方にくれていたところにやってきたデイルに警戒されながらも、実の父親の亡骸を土に埋めて葬ってもらいます。

 

出典:http://uchinoko-anime.com/character/

 

魔人とはいえ、角が生えているということ以外に見た目は人間の少女と変わらないラティナを一人森に残しておくことはできず、デイルは自分が下宿している酒場の踊る虎猫亭へ彼女を連れて帰ってきます。酒場の主人であるケニスとその妻のリタはラティナを暖かく迎え入れ、彼らとデイルは協議の結果、ラティナも虎猫亭で一緒に暮らすことにしました。

デイルはラティナの保護者となり、酒場の主人夫妻はデイルが任務でいない間は預かることになります。そこから、虎猫亭の主人夫妻の支えもあり、デイルとラティナは血のつながりを超えた親子の絆を育んでいくことになります。

ラティナの実の父親はどういった人物だったのか、ラティナの祖国追放の理由は何なのか、といった様々な謎はどうなるのでしょうか? そして、デイルとラティナは今後も親子の絆で結ばれていくのでしょうか? このアニメがこれからどんな結末を迎えるのか今から楽しみですね!

 

■アニメを先取り★「うちの娘。」の原作ならネタバレがわかっちゃう!無料試し読みはこちら!

  • U-NEXTなら無料登録時にもらえる【600ポイントをつかって】お得に読めちゃう!
  • 動画も【31日間無料お試し】キャンペーン実施中!
  • 国内最大級の14万本(見放題9万本、レンタル5万本)+電子書籍32万冊のコンテンツ

▼クリック▼

⇒U-NEXTで【お得に】読む!

※本ページの情報は2019年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

スポンサーリンク

 

うちの娘。(アニメ)の原作は?

 

アニメ化が決定している「うちの娘。」ですが、人気ライトノベルが原作になっています。どんなライトノベルなんでしょうか? まずは原作になっているライトノベルを詳しく調べてみました。

このライトノベルの原作者はCHIROLUさんという作家さんです。名前しか分かっておらず、素顔や性別、生年月日等は公表していないみたいです。CHIROLUさんは最近アニメ化が目覚しい小説家になろうという投稿サイトで「うちの娘。」を執筆します。

それから1年後にはホビージャパンから書籍化デビューをされ、このたび晴れてアニメ化ということになっています。デビュー作がいきなり書籍化されてアニメにもなるということは相当な才能の持ち主のようですね。

2015年に原作のライトノベル「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」の1巻が発行され、2019年現在は8巻まであります。そして、その8巻で原作のライトノベルは完結しています。

しかし、原作のライトノベル版は完結していますが、Comic Walkerの方で連載されている漫画版はまだ続くようです。アニメ版と漫画版の結末も見逃せませんね!

 

スポンサーリンク

 

■アニメを先取り★「うちの娘。」の原作ならネタバレがわかっちゃう!無料試し読みはこちら!

  • U-NEXTなら無料登録時にもらえる【600ポイントをつかって】お得に読めちゃう!
  • 動画も【31日間無料お試し】キャンペーン実施中!
  • 国内最大級の14万本(見放題9万本、レンタル5万本)+電子書籍32万冊のコンテンツ

▼クリック▼

⇒U-NEXTで【お得に】読む!

※本ページの情報は2019年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください