Dinerダイナー(映画)ネタバレ!原作,結末は?

スポンサーリンク

 

2019年7月から日本全国同時公開の映画「Diner ダイナー」。大人気俳優の藤原竜也さんが主演を務めるスリリングなノンストップエンターテイメント作品ということもあって、邦画ファンの間ではとても盛り上がっていますね! そんな話題の映画「Diner ダイナー」の、ネタバレ結末や原作も気になりますよね?

映画「Diner ダイナー」の公開に先駆け、ネタバレ結末や原作を詳しく調べてみました。

 

■ドラマを先取り★「Diner ダイナー」の原作ならネタバレがわかっちゃう!無料試し読みはこちら!

  • U-NEXTなら無料登録時にもらえる【600ポイントをつかって】1冊お得に読めちゃう!
  • 動画も【31日間無料お試し】キャンペーン実施中!
  • 国内最大級の14万本(見放題9万本、レンタル5万本)+電子書籍32万冊のコンテンツ

▼クリック▼

⇒U-NEXTで【お得に】読む!

※本ページの情報は2019年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

Dinerダイナー(映画)のネタバレ結末は?

 

映画「Diner ダイナー」のネタバレ結末はどうなっているのでしょうか? 映画「Diner ダイナー」のネタバレ結末について調べてみましたよ。ネタバレを含みますので、苦手な方は注してくださいね!

 

出展:http://wwws.warnerbros.co.jp/

 

映画「Diner ダイナー」のネタバレ結末ですが、ダイナー(日本で言う食堂のような場所)のキャンティーンが舞台になっています。このキャンティーンはただのダイナーではなく、殺し屋しか入ることができない会員制の特別なダイナーです。

このダイナーで店長にして、シェフも務めるボンベロが主人公です。彼は元々殺し屋として名を馳せていましたが、殺し屋時代に組織のトップに料理の腕を見込まれてシェフになりました。冷酷な完璧主義者として知られる彼は、足繁く通う殺し屋たちの好みを熟知しており、いつも満足させることができると大評判です。

そんなある日、ボンベロがいるダイナーにとある少女がやってきます。オオバカナコと呼ばれたヒロインでありもう一人の主人公の彼女はごく平凡な一般人ですが、楽にお金を稼げるという話を信じたせいで、騙されて人身売買の末にダイナーにやってきたのでした。

ボンベロはカナコに、ダイナーを経営している組織からは逃げられないということ伝え、ここで生きるか死ぬかを選ばせます。彼女は死にたくない一心でウェイトレスになることを決意しました。

しかし、ダイナーでの仕事はカナコの想像以上に危険で、主人のボンベロの命令に背いたり、客の機嫌を損なうことがあればいつでも殺されるという状況が分かってきます。その証拠に、殺された歴代のウェイトレスたちの写真が店内に飾ってあります。

天才シェフ・ボンベロの元で、客の殺し屋たちと関わりながら、一般人のカナコは生き残れることができるのか…。 映画の結末に注目です!

 

スポンサーリンク

 

Dinerダイナー(映画)の原作は?

 

映画「Diner ダイナー」の原作はどんな作品なのでしょうか? 映画「Diner ダイナー」の原作も詳しく調べてみましたよ。

 

出展:https://www.amazon.co.jp/

 

映画「Diner ダイナー」の原作ですが、2009年にポプラ社から発行された「Diner ダイナー」という小説がもとになっています。発行された当時からとても話題になっていたらしく、日本冒険小説協会大賞と大藪春彦賞をダブルで受賞しています。

また、小説をもとに河合孝典さんが作画として漫画化もされており、となりのヤングジャンプで連載されています。小説は一冊のみですが、漫画版は現在六巻まで発行されています。

 

■ドラマを先取り★「Diner ダイナー」の原作ならネタバレがわかっちゃう!無料試し読みはこちら!

  • U-NEXTなら無料登録時にもらえる【600ポイントをつかって】1冊お得に読めちゃう!
  • 動画も【31日間無料お試し】キャンペーン実施中!
  • 国内最大級の14万本(見放題9万本、レンタル5万本)+電子書籍32万冊のコンテンツ

▼クリック▼

⇒U-NEXTで【お得に】読む!

※本ページの情報は2019年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

小説版の「Diner ダイナー」の作者は、平山夢明(ひらやま ゆめあき)さんという方です。1994年の「異常快楽殺人」で作家デビューをし、それから都市伝説のようなものから実話の怪談をベースにしたものまでホラーテイストな作品を多く書いています。

平山夢明さんは作家業だけではなく、実話の怪談本の監修をしたり、ラジオパーソナリティを務めたり、デルモンテ平山という名義で映画評論家としても活躍している才人です。

そんな才人の平山夢明さんは、映画化が決まった時に「監督を蜷川実花さんで、主演のボンベロを藤原竜也さんが主演を務めてくれるなんて信じられない」とおっしゃっています。

 

スポンサーリンク

 

■こんな記事も読まれています!

⇒Dinerダイナー(映画)あらすじ,キャストは?

⇒直近公開(予定)映画のあらすじネタバレキャスト情報はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください