Girl/ガール(映画)ネタバレあらすじは?キャストもチェック!

2019年7月から公開の映画「Girl/ガール」。第71回カンヌ国際映画祭で3冠を受賞し、さらに第91回アカデミー賞の外国語映画賞も受賞するなど、そうそうたる経歴の映画が遂に日本上陸ということで映画ファンは大注目しています。

そんな話題の映画「Girl/ガール」のネタバレあらすじやキャストが気になりますよね。映画「Girl/ガール」のネタバレあらすじやキャストを詳しく調べてみましたよ!

 

スポンサーリンク

 

Girl/ガール(映画)のネタバレあらすじは?

 

映画「Girl/ガール」のネタバレあらすじはどうなっているのでしょうか? 映画「Girl/ガール」のネタバレあらすじを詳しく調べてみました。ネタバレを含みますので、苦手な方は注意してくださいね!

 

出典:http://girl-movie.com/

 

映画「Girl/ガール」のネタバレあらすじですが、15歳のララという少女が主人公の物語です。彼女は幼い頃からバレリーナになる夢を持っていました。しかし、彼女にはとても大きな問題がありました。それは、心は女性ですが身体は男性のトランスジェンダーだったのです。

ですが、バレリーナになるという夢を追いかける強い意志と、トランスジェンダーという葛藤を理解し支えてくれる父・マティアスのおかげで、ララはホルモン治療を受けながら難関と呼ばれているバレリーナ学校に入学することを認められました。

プロのバレリーナになるために、ララは毎日の厳しい特訓と血の滲むような努力を重ねて、ようやく周囲に認められつつありました。ですが、夢の第一歩である初舞台が迫って来るにしたがい、ライバル達から向けられる嫉妬や好奇の目にさらされることになります。

さらに、追い打ちをかけるように15歳という思春期の身体にも変化が訪れ、足が大きくなったり、股間にテープを貼らなければいけないような状態になってしまいます。不安と焦りで心が壊れそうになりながらも、それでも懸命に踊ろうとするララですが、身体を酷使しすぎたために医師から適合手術の延期を言い渡されます。

医師はしばらくダンスのレッスンを休むようにと告げ、ララは初舞台を客席から見るという耐え難い悲しみに打ちひしがれました。

そしてその夜、事件が起こります…。

昨今、社会に浸透しつつあるLGBT問題を取り上げ、それを真っ向から描くというメッセージ性の強い映画になっていますね。

 

スポンサーリンク

 

Girl/ガール(映画)のキャストは?

 

映画「Girl/ガール」のキャストも気になりますよね。映画「Girl/ガール」のキャストも詳しく調べてみましたよ。

主要キャストは二人いて、まずは主人公のトランスジェンダーであるララを演じビクトール・ポルスターさんです。

出典:https://eiga.com/

 

名前だけでは分かりませんが、なんと男性の役者さんです。画像では男性ですが、映画の中ではどこからどう見ても女性にしか見えないのがすごいですよね! 今作が映画デビューのベルギー人ダンサーで、演じるララとは1歳差の16歳です。数々のダンスコンペディションで優れた成績を残している、今もっとも注目の俳優さんです。

ビクトール・ポルスターさんはインタビューで、トランスジェンダーという役を演じるにあたってまったく不安や恐怖はなかったと語っています。しかし、男性と女性のダンスは踊り方がまったく違うので、女性としてダンスを踊らなければならないというのは少しリスクを感じていたようです。

次にララの父・マティアスを演じるのは、アリエ・ワルトアルテさんです。

出典:http://girl-movie.com/

 

フランス・パリ生まれの俳優さんで、元々は舞台俳優として活躍していたのですが、2016年頃から映画にも精力的に活動しています。今作だけなく、次回作も何作か既に出演が決まっているEU圏の映画では引っ張りだこの人気俳優さんです。

 

スポンサーリンク

 

■こんな記事も読まれています!

⇒直近公開(予定)映画のあらすじネタバレキャスト情報はこちら!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください