ドラゴンクエストユアストーリー(映画)ネタバレあらすじ結末は?原作もチェック!

2019年8月公開の映画「ドラゴンクエストユアストーリー」。国民的ゲームのドラゴンクエストが日本初の3DCGアニメーションとして映画化されるということで、大変話題になっています! そんな話題の映画「ドラゴンクエストユアストーリー」のネタバレあらすじ結末や、原作も気になりますよね。

映画「ドラゴンクエストユアストーリー」の公開に先立ち、ネタバレあらすじ結末や、原作を詳しく調べてみましたよ。

 

スポンサーリンク

 

ドラゴンクエストユアストーリー(映画)のネタバレあらすじ結末は?

 

映画「ドラゴンクエストユアストーリー」のネタバレあらすじ結末はどうなっているのでしょうか。映画「ドラゴンクエストユアストーリー」のネタバレあらすじ結末を詳しく調べてみました。

 

出展:https://dq-movie.com/

 

映画「ドラゴンクエストユアストーリー」のネタバレあらすじ結末ですが、魔物と呼ばれる生物たちが闊歩する世界で、リュカと呼ばれる少年とその父・パパスは旅をしています。彼らの旅の目的は、光の教団と呼ばれる宗教団体の幹部・ゲマに連れさられた母親は取り戻すことです。

その旅の途中では、幾度となくゲマの配下の魔物と戦うことになります。それらをなんとか退け、ようやくゲマのところにたどり着いた親子。ゲマとパパスは激しい戦闘を繰り広げ、なかなか勝負がつきません。

しかし、ゲマはパパスの一瞬のスキをついて、息子のリュカを人質に取ることに成功します。リュカを人質に取られ手出しができなくなったパパスは、リュカの無事と引き換えに無念の死を遂げることになります。

それから10年後━。立派に成長したリュカは、故郷の村に帰ってきます。そこで、父・パパスが遺した日記を発見します。その日記には「勇者とその勇者にふさわしい天空のつるぎを探し出すことができれば、連れ去られた母を救うことができる」と書いてありました。

志半ばで倒れた父・パパスの意思を受け継ぎ、青年となったリュカはもう一度冒険の旅に出ることにしました。いくつもの立ちはだかる試練を乗り越え、幼馴染のビアンカと大富豪の娘のフローラのどちらを結婚相手として選ぶのか。そして、冒険の果てにリュカが見たものとは…。

主人公のリュカ役に佐藤健さん、幼馴染のビアンカに有村架純さん、富豪の娘フローラには波瑠さん、父・パパスには山田孝之さんら、大人気俳優がメインキャラクターの声を当てているところも見逃せませんね!

 

スポンサーリンク

 

ドラゴンクエストユアストーリー(映画)の原作は?

映画「ドラゴンクエストユアストーリー」の原作はどうなっているのでしょうか? 映画「ドラゴンクエストユアストーリー」の原作も調べてみましたよ。

 

出展:https://www.amazon.co.jp/

 

映画「ドラゴンクエストユアストーリー」の原作は、ビデオゲームの「ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁」です。今やナンバリングタイトルがXIまで続いている、国民的ゲームのドラゴンクエストシリーズですが、原作の「ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁」はシリーズの中でも独自のシステムを搭載していることで有名です。

例えば、映画「ドラゴンクエストユアストーリー」でも描かれる”結婚”です。今の時代のゲームでも、結婚することができて、相手も複数人から選べるというシステムを搭載しているゲームはほとんどありません。

原作のゲームを遊んだことがある方は、幼馴染のビアンカと富豪の娘フローラとどちらを選ぶか迷った人も多いといいます。中には、どちらかを選べず、そこでゲームを辞めたという方もいるとか…。

そんな逸話を生み出すほどの「ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁」は、ドラゴンクエストシリーズの中でも屈指の名作として人気を誇っています。これはもう劇場に見に行くしかないですよね!

原作者は言わずと知れた堀井雄二さんで、現在まで続くナンバリングタイトルのⅠ~XIから外伝に至るまで、ドラゴンクエストシリーズ全てに関わっている生みの親です。そんな堀井雄二さんも、映画「ドラゴンクエストユアストーリー」に監修として参加しているので、原作ファンも文句のない出来に仕上がっています!

 

スポンサーリンク

 

■こんな記事も読まれています!

⇒直近公開(予定)映画のあらすじネタバレキャスト情報はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください