A3(アニメ)原作のゲーム内容!ネタバレ結末は?

スマートフォンアプリで、累計ダウンロード数が600万以上を達成した女性向けの大人気イケメン育成ゲーム「A3」のアニメ化が決定して大盛り上がりですね! そんな話題のアニメ「A3」の原作のゲーム内容やネタバレ結末も気になりますよね。

アニメ「A3」の放送に先立ち、原作のゲーム内容やネタバレ結末を詳しく調べてみましたよ。

 

スポンサーリンク

 

A3(アニメ)原作のゲーム内容は?

 

アニメ「A3」の原作のゲーム内容はどのようなものでしょうか? アニメ「A3」の原作のゲーム内容を詳しく調べてみました。

出典:https://www.a3-liber.jp/

 

アニメ「A3」の原作のゲーム内容ですが、劇団員をスカウト・成長させ、公演を成功に導き、彼らと一緒にMANKAIカンパニーと呼ばれる劇団を再建することが目的となっています。

このゲームにはフルボイスのメインストーリーと期間限定のイベントストーリーが用意されています。前者の方は、プレイヤーのレベルが上がると順次解放されていきます。最初はメインストーリーを見るためにプレイヤーレベルを上げることが重要です。

また、各劇団員と後述する訓練を通して親密度を上げることで解放されるバックストーリーというのも存在します。

そして次に、劇団員は”スカウト”しなければなりません。スマートフォン向けのゲームによくある通称ガチャというやつですね。そして、スカウトしたお気に入りの劇団員に”稽古”か”自主練”をさせてレベルアップをさせます。また、稽古と自主練とは違う”特訓”というのもあり、こちらは特定の特訓アイテムを持っていると、それを使いレベルに関係なくパラメーターを上げられるというものです。

さらに、等しいレアリティの同じ劇団員が複数人いる場合は、2回まで”開花(重ねるとも言う)”させることでレベルの最大値が上がり、さらには絵柄が変化し重ねる前よりも豪華で煌びやかになります。推しメンは是非とも開花させたいですね!

スカウトした推しメンを育てたあとに大事なのは”公演”です。この公演には、成功ラインと呼ばれるものがあり、劇団員を組み合わせてその成功ラインを超えなければ公演を成功させることができません。公演をすることによって、劇団の存続と劇団員の強化に必要なコインと様々な便利アイテムが入手できますので、是非とも成功させたいところです!

また、チケットを入手することができれば”観劇”と呼ばれるものも見られます。こちらは、公演と違い成功ラインを意識せずに自由に配役を決められるので、プレイヤーというよりは観客として楽しめる劇ですね。

この他にも、”出稼ぎ”と呼ばれるミニゲームも存在していて、開花や特訓といった劇団員の成長に欠かせないコインをたくさん集めることができます。公演と出稼ぎをこなして、十分なコインを入手することが、劇団員を成長させる早道といえるでしょう!

 

スポンサーリンク

 

A3(アニメ)のネタバレ結末は?

 

アニメ「A3」のネタバレ結末はどうなっているのでしょうか? アニメ「A3」のネタバレ結末を詳しく調べてみましたよ。

出典:https://www.a3-liber.jp/story/

 

アニメ「A3」のネタバレ結末ですが、2019年7月現在ではあらすじやストーリーは分かっていません。なので、ゲーム版の「A3」のネタバレ結末をご紹介したいと思います。アニメ「A3」のネタバレ結末は、詳細がわかり次第アップデートいたします。

ゲーム版「A3」では、主人公の立花いづみ(名前の変更が可能)が東京の郊外にある天鵞絨町にやってくるところから物語の幕が開けます。

いづみは、父の立花幸夫の行方を追って彼が設立した天鵞絨町にあるMANKAIカンパニーという劇団を訪ねることにしました。すると、そのMANKAIカンパニーは支配人しかおらず、客足は遠のき、おまけに1000万円の借金も抱えていました。

さらにはひょんなことから、支配人から劇団MANKAIカンパニーの再建をするように頼まれ、突然主宰兼総監督を任されてしまいます。ですが、元々いづみはとある劇団に所属していていましたが、自分の才能の無さに気づき身を引いたという過去がありました。

その時の知識と経験を活かし、新しくスカウトしてきた劇団員を特訓し、公演を成功させながら彼らと一緒に成長していくというのが大まかな流れになっています。

 

スポンサーリンク

 

■こんな記事も読まれています!

⇒A3(アニメ化)放送日はいつから?声優や監督もチェック!

⇒A3キャラクターの人気順は?ランキング紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください