屋比久知奈(やびくともな)は演技下手?英語力やのど自慢出演もチェック!

『モアナと伝説の海』で主人公モアナの吹き替えで話題になった屋比久知奈(やびくともな)さんですが、演技や歌が下手という噂があるようですが理由が気になりますね。

屋比久知奈さんと言えば、ミュージカルのど自慢で最優秀賞の経歴もあり、下手といわれる理由にも疑問符がつきますが、同時にのど自慢の時の様子や英語力なども注目されているようです。

今回は屋比久知奈さんのネットでの噂の理由や英語力などについてリサーチしてみました。

 

スポンサーリンク

 

屋比久知奈(やびくともな)モアナ抜擢も歌が下手?演技も?

 

2017年3月10日に公開されたディズニー映画『モアナと伝説の海』で、主人公モアナの声優に抜擢されて話題になった屋比久知奈さんですが、ネットで屋比久知奈さんについて検索すると「歌 下手」というキーワードが浮上してきました。

そこで今回は、屋比久知奈さんが「歌 下手」のキーワードで検索されている理由について詳しくリサーチしてみました。

こちらはオリジナル声優のアウリー・クラバーリョ さんと屋比久知奈さんの2ショット写真です。

 

[出典:eiga.com]

 

ディズニー映画と言えば、2013年に大ヒットした『アナと雪の女王』の劇中歌「Let It Go」が世界的な大ヒットになりましたが、松たか子さんが歌った日本語版の「Let It Go」も日本国内で大ヒットしましたよね。

今回、屋比久知奈さんの検索で「歌 下手」が浮上しているのは、屋比久知奈さんが歌った『モアナと伝説の海』の「どこまでも~How Far I’ll Go~」を聴いた人の中に、屋比久知奈さんの歌について、下手?と感じた人が少なからずいたという事のようです。

果たして屋比久知奈さんの歌は本当に下手なのでしょうか?

まずは、屋比久知奈さんが歌っている『モアナと伝説の海』の「どこまでも~How Far I’ll Go~」を聴いてみたいと思います。

 

 

歌詞をメロディに乗せるのがかなり難しい曲だと思いますが、この難しい曲を情感ゆたかに歌っていますし、これは十分上手いんじゃないでしょうか?これで屋比久知奈さんの歌が下手というのはちょっと分かりません。

そこで屋比久知奈さんが生で「どこまでも~How Far I’ll Go~」を歌っている動画を見つけましたので、そちらを聴いてみたいと思います。

 

 

この動画は屋比久知奈さんが生で歌っているので、歌の上手い下手がはっきり出ると思うのですが、こちらもはっきりと下手だと感じるような歌ではないと思います。

というよりも、生で歌っていることを考えると、声量もありますし、艶やかで伸びがある声質ですし、生でこれだけ歌えたらかなり上手いんじゃないでしょうか?

それでも検索キータードに「歌 下手」が浮上しているというのは、「屋比久知奈さんは歌が下手?」と感じた人がいたということなので、もう少し調べて見たいと思います。

もしかしたら、英語版と比較して下手と感じたのかも知れないので、英語版の方も探してみました。こちらが英語版のを歌っているアウリイ・クラヴァーリョの歌になります。

 

 

いかがでしょうか?確かに英語の方がしっくりくる感じはありますが、これは原曲が英語なので仕方ないですよね。

そこでもう少し踏み込んで、屋比久知奈さんの歌を下手と感じた理由を調べてみました。

以前、松たか子さんの歌で大ヒットした「Let It Go」や今回話題になっている「どこまでも~How Far I’ll Go~」など、ディズニー映画の劇中で使われる歌は、映画の主人公のための歌で、「I Want Song」と呼ばれています。

 

 

これらの歌は、物語の進行と共に主人公が心に抱く思いを観客に共感してもらうために使われるもので、主人公が苦悩や人生を通して求めている映画の「テーマ」を歌いあげているものなんですね。

そのため、劇中歌として観客の共感を得られるように、歌い方もミュージカルのように感情に寄り添った歌い方になっているのです。

そこで今回、ミュージカルのど自慢出身の屋比久知奈さんが大抜擢されたのだと思うのですが、主人公の感情の起伏に寄り添って、主人公の気持ちが伝わってくるような歌い方ができているのかどうか?というところが評価につながっているのではないかと思われました。

ですのでこの点については、それぞれの感じ方や受け止めかたによるところが大きいので、屋比久知奈さんの歌を上手いと感じる人も下手だと感じる人もいるのだろうと思います。

また、比久知奈さんの演技について下手という噂もあるようですが、これについては具体的な情報は見つけることができませんでした。

 

スポンサーリンク

 

屋比久知奈(やびくともな)の英語力が凄い?大学の偏差値は?

 

屋比久知奈さんは琉球大学法文学部国際言語文化学科英語文化専攻ですが、英語専攻という以上に英語力が凄いと話題になっているようなので、屋比久知奈さんの英語力についてもリサーチしてました。

まず屋比久知奈さんの通っていた高校ですが、沖縄県立コザ高等学校になります。こちらの高校の偏差値は46となっていますから、偏差値レベルとしてはまあまあのレベルになるかと思います。

屋比久知奈さんは高校時代にアメリカのミシガン州に10ヶ月間の留学経験があるようで、話題になっている英語力もこの時にその素地を身につけたのではないでしょうか?

因みに屋比久知奈さんにはハーフ説もありましたが、調べた結果、屋比久知奈さんは純粋な日本人だという事が分かったいますので、英語力は自力で身につけたものだと思われます。

次に、屋比久知奈さんの進学した大学ですが、琉球大学法文学部国際言語文化学科ということで、こちらの法文学部の偏差値は53ですので、こちらも偏差値レベルとしては普通の感じですね。

屋比久知奈さんは大学では英語文化を専攻していますので、やはり英語に対する興味があったということだと思います。実際、屋比久知奈さんはTOEICで915点を取っているので、英語についてはかなりのレベルですね。

それにしても、高校時代に10ヶ月もの間、アメリカ留学していたというのは、実家は経済的にはかなり裕福だったのではないかと思いますが、そうした環境を活かして、積極的に単身でアメリカ留学を決めた屋比久知奈さんのチャレンジ精神も凄いですね。

そして、この留学期間中に本場のミュージカルに出会った事が、ミュージカルをやりたいという気持ちにつながったのだと言いますから、やはり決意して行ったアメリカ留学が屋比久知奈さんの運命を変えるキッカケとなったのですから素晴らしいですよね。

 

スポンサーリンク

 

屋比久知奈(やびくともな)のど自慢で最優秀賞?

 

屋比久知奈さんがミュージカルを始める直接のキッカケとなったのが、2016年に開催された「全国拡大版ミュージカル・ワークショップ『集まれ!ミュージカルのど自慢』」というイベントで、最優秀賞を勝ち取ったことでした。

屋比久知奈さんは全国4都市で開催されたのど自慢の予選を勝ち抜いた24組26人の中から、見事に最優秀賞に輝いたのですから、凄いですよね。

この時、屋比久知奈さんがミュージカルのど自慢で歌ったのは、故本田美奈子さんの代表作「ミス・サイゴン」でした。

このイベントの審査員をしていた森公美子さんが、「本田美奈子さんが後ろをフーッと通った気がして泣いちゃった。下の響く声、地声の出し方が美奈子だ」と激賞していたといいます。

 

[出典:daily.co.jp]

 

そして、このイベントを見ていた現事務所の社長も、「ダイヤモンドの原石」と感じて、その日のうちにスカウトしたのだと言います。

そんな大きなミュージカルのど自慢のイベントで最優秀賞を受賞した比久知奈さんなので、ネットで歌が下手?という記事が多くみられるのはとても不思議なのですが、どの記事も「下手」とは書いていないので余計に理由が分からないですね。

ただ、屋比久知奈さんが最優秀賞を獲得したのが、「ミュージカルのど自慢」ということで、一般的な歌唱についての評価ではなく、あくまでもミュージカル女優としての演技としてどうなの?といった見方をしているのだと思います。

そこが普通ののど自慢で出てきた歌手と比べてミュージカルの難しいところではないかと思いますね。

 

スポンサーリンク

 

屋比久知奈(やびくともな)プロフィール

 

  • 名前:屋比久知奈(やびく ともな)
  • 生年月日:1994年6月6日
  • 出身地:沖縄県沖縄市
  • 出身高校:沖縄県立コザ高等学校
  • 出身大学:琉球大学法文学部国際言語文化学科英語文化専攻
  • 職業:女優、歌手
  • 星座:双子座
  • 血液型:B型
  • 身長:153cm
  • 体重:40㎏
  • 所属事務所:Victor Music Arts(ビクターミュージックアーツ)
  • 趣味:読書
  • 特技:クラシックバレエ(レッスン歴:4歳~現在、指導歴:20歳~現在)、英会話(TOEIC915点)
  • 資格:普通第一種自動車免許

 

屋比久知奈(やびくともな)は演技下手?英語力やのど自慢出演もチェック!まとめ

 

今回は、2017年3月10日に公開されたディズニー映画『モアナと伝説の海』で、主人公モアナの声優に抜擢されて話題になった屋比久知奈さんについて、ネットでは演技や歌が下手という噂でていたのでリサーチしてみました。

屋比久知奈さんは、ミュージカルのど自慢で最優秀賞の経歴もあるので、実際には歌はかなり上手いのですがミュージカルという事や、英語版の吹き替えということもあって観た人の好き嫌いが出てくるのかも?と思いました。

また英語力などについてもリサーチしてみましたが、英語力はかなりのレベルだという事が分かりました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください