麒麟がくる(大河ドラマ)ロケ地情報!岩手や岐阜の撮影スポット紹介!

 

■麒麟がくる(大河ドラマ)をフル視聴できます!

※あくまで予定であり実際に配信されるまでの未確定要素も含みますことをご承知ください。

▼クリックできます▼

⇒U-NEXTで「麒麟がくる(大河ドラマ)」動画を【お試しフル視聴】する!

※「きりん」と検索するとすぐに作品が見られます

————

  • 「U-NEXT(ユーネクスト)」では31日間無料トライアル実施中です!
  • 国内最大級の【見放題14万本、レンタル2万本】+電子書籍42万冊のコンテンツ
  • 無料期間中にもらえる600円が電子コミックや有料動画(最新作/レンタル)にも使える!

※本ページの情報は2020年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

大河ドラマ59作目「麒麟がくる」。今作は大河ドラマの中でも高い人気を誇る戦国時代がテーマということで、楽しみにしているファンも多いと思います!

そんな大河ドラマ「麒麟がくる」でロケ地となっている岩手県や岐阜県の撮影スポットが気になりませんか?

今日は、大河ドラマ「麒麟がくる」でロケ地になっている岩手県や岐阜県の撮影スポットを詳しく解説させていただきます。

 

スポンサーリンク

 

麒麟がくる(大河ドラマ)岩手県のロケ地情報まとめ!

 

大河ドラマ「麒麟がくる」の岩手県のロケ地情報が気になりますよね。大河ドラマ「麒麟がくる」の岩手県のロケ地情報を中心にご紹介させていただきます。

大河ドラマ「麒麟がくる」の岩手県のロケ地情報ですが、大河ドラマではお馴染みの岩手県奥州市にある「歴史公園 えさし藤原の郷」です。

 

出典:https://www.fujiwaranosato.com/

 

この「歴史公園 えさし藤原の郷」は大河ドラマの聖地とも言える場所で、3作前の「おんな城主 直虎」を始め過去の大河ドラマでもよく使われています。

今作の「麒麟がくる」では、地元の方が400人以上もエキストラとして参加し、2週間ほど撮影が行われたそうです。

もちろんドラマや映画を含めたテレビの撮影以外にも、一般の方でも入園できる施設となっています。

年中無休で、大人800円、高校生500円、小中学生300円と大変リーズナブルな上に、施設内にはレストランやお土産屋さんも完備していて、気軽に足を運びやすいですよ。気になる方は、是非訪れてみてはいかがでしょうか!

 

スポンサーリンク

 

麒麟がくる(大河ドラマ)岐阜県のロケ地情報まとめ!

 

大河ドラマ「麒麟がくる」の岐阜県のロケ地情報も押さえておきたいですよね。大河ドラマ「麒麟がくる」の岐阜県のロケ地情報を詳しく調べてみましたよ。

大河ドラマ「麒麟がくる」の岐阜県のロケ地情報ですが、こちらの方は目撃情報がなかったようです。

ですが、どうして岐阜県がロケ地だという噂があるのか気になりますよね? その答えは、岐阜県は「麒麟がくる」の主人公・明智光秀に大変ゆかりのある地だからなんです。

その中でも特に有名なのは、岐阜県可児市にある明智城(現在は城跡になっています)で、明智一族の居城にして明智光秀誕生の地と呼ばれています。

 

出典:http://kani-sengoku.jp/

 

明智一族は元々は土岐頼兼という人物が改名したことから始まり、彼が苗字を土岐から明智に改めてから200年以上もの間、この明智城は明智一族に代々受け継がれていった由緒正しいお城です。

さらに、明智城跡の近くには明智一族の菩薩寺となっている天龍寺もあるので、明智城に訪れる際には一緒に足を運びたいですね。

また、もう一つゆかりのある城として岐阜城(別名:稲葉山城)があり、こちらは明智光秀が最初に仕えた主君である斎藤道三と、彼が没した後に仕えることになる織田信長が居城にしたことで知られています。

 

出典:https://www.city.gifu.lg.jp/

 

今作の「麒麟がくる」では明智光秀の今まで描かれたなかった青年時代から始まるので、斎藤道三がこの岐阜城を居城にしている場面が劇中でも登場すると思われます。

岐阜城は現在でも城として残っていて、一般の方でも入場することができます。入場料は大人(16歳以上)200円、小人(4歳以上16歳未満)100円と大変安価になっています。

最後に、明智光秀の墓とされる桔梗塚があります。

 

出典:https://www.city.yamagata.gifu.jp/

 

現在の学説では、明智光秀は本能寺の変のあと羽柴秀吉との山崎の戦いで敗れたあと、逃げている最中に落ち武者狩りに遭って現在の京都府で自害したとされています。

しかし、地元の方たちの言い伝えによると、その時に自害したのは実は影武者で、本物の明智光秀は故郷である岐阜県の山県市に落ち延びて名前を荒深小五郎に改めて隠れ住んだという伝説が残っています。

毎年供養祭も行われていることから、もしかしたら…と思ってしまいますね。

 

■麒麟がくる(大河ドラマ)をフル視聴できます!

※あくまで予定であり実際に配信されるまでの未確定要素も含みますことをご承知ください。

▼クリックできます▼

⇒U-NEXTで「麒麟がくる(大河ドラマ)」動画を【お試しフル視聴】する!

※「きりん」と検索するとすぐに作品が見られます

————

  • 「U-NEXT(ユーネクスト)」では31日間無料トライアル実施中です!
  • 国内最大級の【見放題14万本、レンタル2万本】+電子書籍42万冊のコンテンツ
  • 無料期間中にもらえる600円が電子コミックや有料動画(最新作/レンタル)にも使える!

※本ページの情報は2020年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

スポンサーリンク

 

■こんな記事も読まれています!

⇒麒麟がくる(大河ドラマ)1話~最終回|無料フル&見逃し視聴方法まとめ!

⇒麒麟がくる(大河ドラマ)の意味は?ネタバレあらすじまとめ!

⇒麒麟がくる(大河ドラマ)キャスト&相関図!織田信長や沢尻エリカ(濃姫)代役は?

⇒麒麟がくる(大河ドラマ)放送日延期&いつから?原作本はあるの?

 

■こんな記事も読まれています!

⇒川口春奈の顔変わった原因がひげ?可愛くなった理由を調べてみた!

⇒川口春奈は顔でかいしまな板と噂?CMや比較画像で検証してみた!

⇒川口春奈の彼氏は山田哲人?歴代彼氏とたばこの因果関係とは!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください