黒後愛がかわいい!姉や父親など家族はどんな人?

女子バレーの中でも若きエースと呼ばれている黒後愛選手の強さは、日本中の注目を集めています。

かわいいと人気の黒後愛選手ですが、姉や父親など家族がどんな人か気になる方が多いでようです。今回はそんな黒後愛選手のかわいいという噂や、姉や父親など家族についても調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

黒後愛がかわいい!画像は?

 

かわいいと噂の黒後愛選手ですが、どんな選手なのでしょうか?どんなところがかわいいと言われているのか、調べてみました。

黒後愛選手は今年20歳になったばかりの、まだ若い選手です。あどけない感じがかわいいですよね。

 

 

楽しそうに笑っていて、普通の今どきの女の子ですよね。女優の能年里奈さんにも似ている気がします。笑顔が素敵で、見ているこっちも楽しくなるような笑顔ですね。座右の銘は「笑う門には福来る」だそうです。髪型はショートでボーイッシュですが、顔が女の子らしいので、とてもかわいい印象です。

 

 

こちらは先輩の荒木選手と写っている写真です。新人賞を受賞した喜びが、笑顔で現れています。笑った時にできるえくぼもかわいいですね!インスタグラムでもおいしそうなご飯の写真や、楽しそうに友達とお買い物をしている様子まで見ることができます。

プライベートの黒後愛選手のかわいい一面が見られるSNSですね。私服姿の黒後愛選手も、とってもかわいいですよ。「春休みには出ずにーランドとディズニーシーに行って、アナと雪の女王も見ました」と嬉しそうに語る黒後愛選手。どこにでもいる普通のかわいい20歳の女の子でした。

 

黒後愛の姉や父親は?

 

黒後愛選手の姉や父親など、ご家族にも注目が集まっているようです。まず黒後愛選手の家族構成から見てみましょう。

黒後愛選手は父親、母親、姉、愛選手の4人家族です。まず父親ですが、黒後洋さんという方だそうです。なんと黒後選手の地元宇都宮にある、宇都宮大学の教授なんですよ!大学教授なんてすごいですね。教えている分野は「体育学」だそうです。「体育学」というのは「運動」と人間の体力づくり、また健康づくりについて、総合的に研究する学科だそうです。

身体活動を通じた選手の育成や、指導者の育成を目的とする学問ということです。娘をスポーツ選手に育て上げるのにぴったりの職業ですよね!まさに専門分野です。黒後愛選手を育成にも、きっと父親の力が大きく影響しているんでしょうね!さらにご自身もバレーボールをされていたそうで、若い頃には「春高バレー」に出場したこともあるそうですよ。

今でも宇都宮大学のバレー部の監督をされており、宇都宮大学のバレー部を1部リーグに昇格させたのも、父親の功績だそうです。

 

 

母親もバレーボール経験者だそうですので、愛選手はまさにバレーボール界のサラブレッドなんですね。姉は黒後彩乃さんといって、愛選手の5歳年上です。現在はバレーボールをしているのか分かりませんが、幼い頃は愛選手と一緒にバレーボールをされていたようですよ。

姉もまた高校時代は「春高バレー」に出場していたそうですし、宇都宮大学に在学中はバレー部のキャプテンだったそうですよ。父親が監督をしている部ですね。当時の宇都宮大学のバレーボール部では、黒後父娘が活躍していたんですね。相当鍛え上げられそうですよね。

姉は高校時代から176㎝あったそうで、愛選手同様、大きい選手だったようですよ。姉についてはそれ以上のことは分かっていません。でも当時は相当強かったと思われますから、もしかしたら今もバレーボールを続けられているかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

黒後愛がバレーボールを始めたきっかけは?

 

黒後愛選手がバレーボールを始めたのは、小学校3年生の時でした。5歳年上の姉、彩乃さんがバレーボールをされていたこともあり、愛選手もバレーボールを始めます。小学校の頃から、強豪と言われる地元のジュニアチーム「サンダース」に所属し、練習していました。

父親もバレーボール部の監督ですから、もしかしたらもっと小さい頃から父親に教わっていたのかもしれませんね。でも親から強制されて始めたわけではないようですよ。

中学校は宇都宮市立松原中学校に進学します。2年生のときには全日本中学選抜に選ばれます。3年生の時には、全国都道府県対抗中学バレーボール大会に出場し、優秀選手賞を獲得しました。当時からバレーボールが上手だったことが分かりますね!

 

黒後愛の出身高校は?

 

黒後愛選手は、宇都宮市立松原中学校を卒業後、スポーツ推薦で下北沢成徳高校に進学します。下北沢成徳高校は、東京都世田谷区にある私立の女子高です。高校バレーの名門校として知られています。

卒業生には大山加奈さんや、荒木絵里香選手、木村沙織さんなどのオリンピック選手がいます。このバレー名門校に進学した愛選手、宇都宮から東京に出てきたんですね。当時はまだ高校生ですから、親元から離れるのは寂しかったでしょうね。高校時代は寮生活だったそうです。

高校でもバレーの練習に励み、1年生からレギュラーになります。2014年に東京オリンピックの強化選手「Team Core」のメンバーに選ばれます。翌年2015年の8月には、世界ユース選手権に出場し、ベストサーバーとなります。サーブが上手な選手に贈られる賞ですね。

 

 

2017年の春高バレーでは、高校の大会二連覇に大きく貢献し、MVPに輝きました。そしてV・プレミアリーグの東レ・アローズに入団内定が発表されます。2017年3月には全日本メンバーに登録され、9月にはワールドグランドチャンピオンズカップの出場メンバーとなりました。

チームのエースとして活躍を重ね、2018年には最優秀新人賞を獲得します。華々しい躍進を遂げていますね!大学には進学せず、バレーボール1本に絞って活動することを決めた黒後愛選手。今後の活躍も期待したいですね。

 

スポンサーリンク

 

黒後愛に彼氏はいる?

 

2018年現在、20歳とお年頃の黒後愛選手ですが、現在彼氏はいるのでしょうか?彼氏についての情報も調べてみました。黒後愛選手の彼氏については、今のところ情報がありませんでした。

バレーボール一筋で恋愛をしている時間はないようですね。下北沢成徳高校も女子高ですから、男子との出会いもなかったと思われます。

家でゴロゴロして、好きなものを食べるのが好きだという黒後愛選手。あまり外にも出ないようなので、今現在は彼氏はいないかもしれませんね。今はバレーボールに一生懸命でしょうから、少し落ち着いてからいろいろな恋愛を楽しんでほしいですね。ちなみに好きな芸能人は小栗旬さんだそうです☆

 

黒後愛の強さって?

 

期待の新星、黒後愛選手の強さの秘密も調べてみました。黒後愛選手は身長180㎝、体重70㎏です。エースとして長年活躍されていた木村沙織選手が185㎝ですから、バレーボール選手としてはそれほど大きくはないようです。

最高到達点は306㎝です。下北沢成徳高校バレー部の小川監督は「310㎝くらいは是非いってほしい」と言っていますので、あと少しですね!身長もそこそこ、ジャンプ力も発展途上の黒後選手。しかし小川監督は黒後愛選手について「バランスのよい選手」と評価しています。

 

 

スパイカーとしての実力はもちろん、サーブやレシーブ、トスの能力も高いそうなんです。オールラウンドにプレーできるというのは、黒後選手にとって大きな武器になります。また高校時代には、スパイクの最高速度が87㎞/時だったそうで、パワーアタッカーとしても注目されています。

高校を卒業し、最高速度はさらに速くなっていそうですよね!全日本のアタッカーの速度が90㎞くらいですから、高校生ですでに匹敵するスピードを出せていたことになりますよね。

 

出典:http://irodori-terrace.com

 

高校時代は、チームメイトが「黒後愛選手のスパイクは怖いから受けたくない」と言っていたそうです。確かに時速87㎞のスピードで飛んでくるスパイクをレシーブするなんて、絶対に怖いですよね!できたとしても、かなり痛そうです。

 

スポンサーリンク

 

■女子バレー関連グッズはこちらからご覧いただけます↓クリック

 

 

黒後愛プロフィール

 

最後に黒後選手のプロフィールをまとめてみました。

【本名】黒後 愛(くろご あい)

【生年月日】1998年6月14日

【年齢】20歳(2018年9月現在)

【出身地】栃木県宇都宮市

【身長】180㎝

【体重】70㎏

【血液型】B型

【所属】東レ・アローズ

 

黒後愛がかわいい!姉や父親など家族はどんな人?まとめ

 

かわいいと噂の黒後愛選手について、姉や父親など家族についてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

笑顔が素敵な黒後選手、確かにとてもかわいい選手ですよね。姉や父親もバレーボールをされていて、バレー一族で育ったようです。

20歳という若さで全日本メンバーに選べれ、その活躍が期待されている黒後愛選手。まだまだこれからの伸びも期待できる選手ですし、今後の活躍が楽しみですね!

 

スポンサーリンク

 

■こんな記事も読まれています!

⇒黒後愛の中学は?身長体重も調べてみた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です