山口百恵の生い立ちは韓国人?父親も調べてみた!

昭和を代表する伝説の歌姫、山口百恵さん。年齢を問わず、知らない人はいないのではないかというくらいの有名な歌手ですよね。現在は息子さんも芸能界で活躍しておられます。

そんな伝説の歌姫、山口百恵さんの生い立ちに注目が集まっています。山口さんの父親が韓国人だという噂もあるようですよ。そこで今回は山口百恵さんの生い立ちや、韓国人と噂される父親についても調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

山口百恵の父親は韓国人?

 

山口百恵さんの父親が韓国人だという噂があるようです。父親が韓国人ということは、山口百恵さんも韓国人のハーフということになりますが、本当に父親は韓国人なのでしょうか?

結論から言うと、この噂はデマのようです。山口百恵さんが生まれたのは東京都渋谷区ですが、その後神奈川県横須賀市に家族で転居します。そして小学2年生から中学生でデビューするまで横須賀で暮らしたそうです。

神奈川県は昔から韓国人が多いことで知られています。川崎や横浜が主ですが、百恵さんが育った横須賀市も韓国人が多い街なんです。また百恵さんの父親が、仕事で頻繁に韓国に行っていたため、韓国人なのでは?という説が浮上したようです。しかしながら父親も母親も日本人ということですので、百恵さんも純日本人ということになりますね。

 

山口百恵さんの生い立ちが壮絶?

 

山口百恵さんの父親が韓国人ではなく日本人だということは分かりましたが、生い立ちが壮絶だという噂があるようです。山口百恵さんの生い立ちを振り返ってみましょう。先ほども述べましたが、山口百恵さんは東京都渋谷区のご出身です。

父親は久保茂さんといって、医師で収入も高かったようです。医師の娘ということは、お嬢様だったのかと思いきや、実は百恵さんは愛人との子供でした。父親はすでに家庭があり、金銭面での援助はなかったそうで、母親と妹の3人で細々と暮らしていたようです。

 

 

毎週日曜には会いに来ていた父親でしたが、時には暴力を振るうこともあったそうで、山口百恵さんは、自叙伝「蒼い時」の中で、「私に父親はいない」とおっしゃっています。当時は愛人や不倫といったことも多かったのかもしれませんが、山口百恵さんの生い立ちを考えると、本当に胸が苦しくなりますね。

 

スポンサーリンク

 

山口百恵の父親のその後は?

 

複雑な生い立ちだった山口百恵さんですが、父親のその後はどうなったのでしょうか?山口百恵さんの父親が在日韓国人専用の施設に入っているという噂がありましたが、父親は韓国人ではありませんから、この噂もデマだと思われます。現在の父親について、明らかなことは分かっていません。

父親の援助がなかったため、母親の正子さんは娘2人を抱えて必死で働く毎日だったようです。そんな母親の正子さんの背中を見ていた百恵さんは、母親を楽にさせたいという気持ちで芸能界デビューを決めたそうです。心優しい子だったんですね。

しかしながら、山口さんが歌手デビューをして、ヒットしてから、今まで無関心だった父親が金を無心したり、親権を得ようとしたりとトラブルも多くなったようです。一説ではこの父親の行為のせいで、百恵さんは手切れ金を渡し、芸能界からの引退を決意したとも言われています。

これがきっかけで引退したのかどうかまでは分かりませんが、多額の手切れ金で縁を切ったのは事実のようですね。そしてその後の父親の状況については分かっていません。母親の正子さんは残念ながら1989年に51歳の若さで亡くなっています。今は天国から百恵さんやご家族を見守ってくださっているのでしょうね。

 

山口百恵が出世の秘密を知ったのは記事のせいだった!

 

実は山口百恵さんが複雑な出世の秘密を知ったのは、高校へ入学してすぐの頃だったそうです。山口百恵さんが芸能界デビューをしたのは1973年、まだ14歳だった頃のことです。ということは高校入学時はすでに芸能界で活動されていた時期ですね。

この頃、週刊誌が山口百恵さんの戸籍謄本を掲載しました。今では個人情報などの問題もあり、考えられないことですが、当時はゴシップの一つとして考えられていた程度だったんですね。いくら自分のものといっても、高校生で戸籍謄本を見たことがある人はいないですよね。

ゴシップとして週刊誌に掲載された時は、相当ショックだったのではないかと思いきや、山口百恵さんは事実を知っても驚かなかったそうです。むしろ記事を読んで、今まで引け目を感じさせずに育ててくれた母親に感謝したそうですよ。

父親がいなくても、横須賀で育った6年間は、山口百恵さんにとって一番好きだった6年間だったそうです。自由で正直でいられた、懐かしい記憶だそうですよ。そんな事実を知ったら、親を恨んだり、反抗したりする子もいると思いますが、山口百恵さんが素直にまっすぐに育ったのは、母親の深い愛情を一心に受けていたからなんでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

山口百恵と三浦友和の馴れ初めは?

 

壮絶な生い立ちを送られてきた山口百恵さんですが、今では三浦友和さんと芸能界きってのおしどり夫婦として知られています。山口百恵さんと三浦友和さんが結婚したのは1980年、まだ百恵さんが21歳の時でした。

 

出典:https://yamaguchimomoe.blog.so-net.ne.jp

 

お二人が初めて出会ったのは、1974年5月、CMの撮影の時でした。このCMで共演したお二人は「ゴールデンカップル」として売り出され、数々の映画やドラマで共演することになります。周りから見ても、交際する前からお二人はお似合いだったんですね!

いつから交際に発展したのかは分かっていませんが、共演を重ねるうちに電話番号を交換し、その後交際に至ったようですよ。大スター同志の恋愛ということで、きっとプライベートで会うのも大変だったでしょうね。

その後、1979年10月20日に大阪リサイタルで「私が好きな人は、三浦友和さんです。」と堂々と交際宣言をした山口百恵さん。当時はセンセーショナルな話題でした。今でも堂々と交際宣言をする芸能人はあまりいませんが、当時は今よりも厳しい意見も多かったでしょうね。

三浦友和さんも記者会見で「結婚を前提に付き合っています」と語っており、翌年の3月には婚約を発表しました。婚約発表と同時に引退も宣言し、人気絶頂の中、芸能界を引退されて家庭に入りました。

複雑な生い立ちで育った山口百恵さんだからこそ、手に入れた幸せを大切にしたいという思いが強かったのかもしれませんね。その後はおしどり夫婦として、幸せな家庭を築いていらっしゃいます。

 

山口百恵の息子は芸能人?

 

1980年11月19日に赤坂の霊南坂教会で結婚式を挙げた三浦友和さんと山口百恵さん。1984年と1985年には長男と次男が誕生しています。

 

 

View this post on Instagram

 

@xchijax むんちゃんの 写真と間違えたwww #山口百恵 #家族 #ファミリー

どいちゃんさん(@scopion1026)がシェアした投稿 –

 

長男の三浦祐太朗さんは俳優またシンガーソングライターとして、次男の三浦貴大さんは俳優として、それぞれ芸能界で活躍されています。

 

出典:https://www.daily.co.jp

 

出典:https://eiga.com/

 

あまりご兄弟は似ていらっしゃらないですよね。三浦祐太朗さんは母親の百恵さん似で、貴大さんは三浦友和さんに似ている気がします。二世タレントとして、注目度も高いでしょうから、大変なことも多いと思いますが、負けずに頑張ってもらいたいですね。

 

スポンサーリンク

 

山口百恵の母親エピソードは?

 

引退されてから、原則メディアには出演されていない山口百恵さん。私生活が見えないので、どんな母親をされているのか気になりますよね。三浦祐太朗さんや貴大さん、息子たちのエピソードトークを聞くと、家庭での山口百恵さんの姿が少しだけ目に浮かびます。

三浦祐太朗さんいわく、百恵さんの作る料理はとにかく「デカい」そうですよ。友達から「お前のかあちゃんのおにぎりデカくね?」と指摘されたり、餃子も通常の1.5倍~2倍くらいなどと、百恵さんが意外と豪快な料理を作ることが分かります。

また現役時代のことはあまり覚えていないそうで、当時のサインすら忘れてしまっているようです。当時は超売れっ子で多忙な毎日だったでしょうから、ひとつひとつの出来事までは覚えていないのかもしれませんね。

三浦祐太朗さんは「僕の中では母は母」と語っていて、家庭では普通のお母さん業をされている百恵さんの姿が想像できます。21歳という若さで家庭に入った百恵さんですが、しっかり家族を支えていらっしゃるようですね。

 

山口百恵の現在はキルト作家?

 

芸能界から引退し、一切姿を見せなくなった山口百恵さんですが、現在は何をされているのでしょうか?引退されたとはいえ、大スターだった山口百恵さんが、そう簡単にいろいろな活動をするのは難しそうですよね。

山口百恵さんの現在を調べてみたところ、どうやら山口百恵さんはキルト作家として、キルトの作成をしているそうです。東京都にある「キルトおぶはーと」というパッチワーク教室で、鷲沢玲子先生という方にキルトを教わっていたそうですよ。

この「キルトおぶはーと」は山口百恵さん以外の芸能人も通う、有名な教室だそうですよ。山口百恵さんはキルト作品展に出品するほどの腕前だそうで、そのキルトは毎回注目を集めています。元アーティストというだけあって、芸術的な感性も鋭い方なんでしょうね。

 

 

確かにとても素敵なキルトですね!どれだけ時間がかかっているのだろうと思ってしまいます。キルト展では「山口百恵ブース」というものまで設置されていて、写真を撮る人たちで大混雑するほどの人気ぶりだそうです。

鷲沢玲子先生は、NHKの「おしゃれ工房」という番組に出演していたことがある方だそうで、いつか山口百恵さんも活躍中のキルト作家としてテレビ出演されたらいいですね!復帰はないと言われていますが、キルト作家としてのテレビ出演ならあり得るかもしれませんよ☆

 

スポンサーリンク

 

山口百恵は楊貴妃の子孫だった?

 

実は「山口百恵は楊貴妃の子孫である」という説が囁かれているようです。しかもその噂があるのはなんと日本ではなく中国だとか。なぜそんな噂になったのでしょうか?噂の真相を調べてみました。

 

出典:https://ja.wikipedia.org

 

「楊貴妃」は世界三大美人の一人で、中国史上に残る「四大美人」と言われる一人です。唐の時代、玄宗皇帝の愛姫だった楊貴妃は、反乱軍に追われた際「災いはすべて楊貴妃のせい」だと護衛兵に主張され、泣く泣く自殺を命じたとされています。

しかし山口県長門市には、楊貴妃が実は生き延びていて、船で日本に漂着したという言い伝えが残されています。山口百恵さんの出身地は山口ではありませんが、名字は「山口」なことから、楊貴妃の子孫ではないかという噂が中国で広まったようです

この説は中国のテレビでも放送されたことがあるほどで、「楊貴妃の風格がある」や「山口百恵は自ら楊貴妃の子孫と発言した」などと取り上げられました。一見「ありえない」説ですが、山口百恵さんの美しさを考えると、もしかしたらと思ってしまいますね。

 

■山口百恵さんの懐かしの作品はこちらからご覧いただけます↓クリック

 

山口百恵プロフィール

 

最後に山口百恵さんのプロフィールをまとめてみました。

【本名】三浦 百恵(みうら ももえ)旧姓:山口

【生年月日】1959年1月17日

【年齢】59歳(2018年10月現在)

【出生地】東京都渋谷区恵比寿

【身長】158㎝

【血液型】A型

【活動期間】1973年~1980年

有名な楽曲をたくさん残している百恵さんですが、実際の活動期間はたった7年だったんですね!山口百恵さんのすごさが分かりますね。

 

山口百恵の生い立ちは韓国人?父親も調べてみた!まとめ

 

伝説の歌姫、山口百恵さんの生い立ちや、父親が韓国人だという説について調べてきましたが、いかがだったでしょうか?

父親が韓国人だという説はデマでしたが、壮絶な生い立ちを送って来られたようですね。父親とは現在縁を切っているようで、何をされているのかは分かっていません。夫の三浦友和さんや、2人の息子さんたちが芸能界で活躍できているのは、家庭をしっかり支えている山口百恵さんの力のおかげかもしれませんね。

残念ながら現在は引退され、公の場では見かけることのなくなった山口百恵さんですが、ご家族の活躍を今度は応援していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

■こんな記事も読まれています!

⇒山口百恵の引退年齢は?マイク置く名シーンの引退コンサートとは!

⇒山口百恵の息子達に歌手の三浦大知?真相チェック!

1 個のコメント

  • 大のファンです。いまだに百恵ちゃんの歌はいつも聞いてます。絶対に飽きません。味の有る曲ばかりです。CDとか出たら必ず買ってますね(^ν^)心の拠り所になってます。お幸せに。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください