QUEEN名曲ランキングとアルバムおすすめは?メンバー仲や現在も気になる!

伝説のバンドと言われる「QUEEN」。今でも世界中にファンがいる、大人気のバンドで、アルバムとシングルのトータルセールスは2億枚以上とも言われています。名曲がたくさんあって、ランキングやおすすめが気になりますね。

またバンドはメンバー仲が良かったのでしょうか?現在は何をされているのでしょうか?今回h「QUEEN」の名曲ランキングやおすすめのアルバム、またメンバー仲や現在についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

QUEENの名曲ランキングが知りたい!

 

今まで数々の名曲を生み出している「QUEEN」ですが、これまでの名曲をランキング形式でご紹介します。今回はシングルの人気順でランキングを付けてみました。

QUEENの名曲ランキング 第1位 I Was Born To Love You (1985)

 

 

日本でもキリン一番搾り生ビール、アサヒスーパードライ、カップヌードルのテレビCM、また2004年の連続ドラマ「プライド」の主題歌に起用され、QUEENの代表曲として知られています。

 

QUEENの名曲ランキング 第2位 ボヘミアン・ラプソディ(1975)

 

 

 

フレディ・マーキュリー作の楽曲で、世界中で大ヒットしました。イギリスではシングルチャート9週連続1位を獲得し、2002年にはギネスの「英国史上最高のシングル曲は?」というアンケートで1位に輝きました。

 

QUEENの名曲ランキング 第3位 ウィ・ウィル・ロック・ユー(1977)

 

 

 

ブライアン・メイが作詞・作曲した楽曲で、日本ではサッカーの応援歌としても知られています。格闘家の入場曲やMLBの公式戦など、様々なスポーツにも使用されています。ソフトバンクや大塚製薬ポカリスエットをはじめ、様々なテレビCMで使われており、映画やドラマでも使用されています。

 

QUEENの名曲ランキング 第4位 伝説のチャンピオン(1977)

 

 

 

この曲は「ウィ・ウィル・ロック・ユー」との両A面で発売されたため、QUEENのライヴでも決まって最後に2曲続けて演奏されるのがお決まりとなっていました。ポップ・ミュージック史上最もキャッチーな曲だという研究結果も出ており、聴くと口ずさみたくなるような耳に残る曲となっています。

「ウィ・ウィル・ロック・ユー」と並んで、サッカーをはじめ、NBAや競馬、プロ野球など世界的なスポーツ番組に用いられる定番曲となっています。またグリーン・デイや、THE ALFEE、アンジェラ・アキさんもカバーし、多くの人に知られる名曲となっています。

 

QUEENの名曲ランキング 第5位 ドンド・ストップ・ミー・ナウ(1978)

 

 

フレディ・マーキュリーのピアノが特徴的な楽曲です。日本のCMにもよく使われており、ノエビアやコスモ石油、ダイハツ・ムーヴやキリンビバレッジのNUDAのCMに用いられています。

 

QUEENの名曲ランキング 第6位 キラー・QUEEN(1974)

 

 

 

フレディ・マーキュリー作の楽曲で、上流階級のコールガールについて歌った曲になっています。トラヴィスやSum41によってカバーされ、日本ではHonda「モビリオ」のCMで使用されています。

「gunpowder gelatine」という歌詞が、日本語の「がんばれタブチ」と聞こえると、日本でも話題になりました。オールナイトニッポンやタモリ倶楽部でも紹介されましたよ。日本人の耳にも残りやすい歌詞ですね。

 

QUEENの名曲ランキング 第7位 RADIO GA GA(1984)

 

 

 

ロジャー・テイラーによって作曲された楽曲です。イギリスで2位、アメリカで16位、その他19カ国で第1位を記録し、世界的な大ヒット曲となりました。アメリカのシンガーソングライターのレディー・ガガさんの名前の由来ともなった曲です。

 

QUEENの名曲ランキング 第8位 愛にすべてを(1976)

 

リードボーカルはフレディですが、ブライアン・メイやロジャー・テイラーもコーラスとして参加しています。ジョン・ディーコンも口を動かしていますが、口パクだと言われているようですよ。映画「アン・ハサウェイ魔法の国のプリンセル」や「Little DJ~小さな恋の物語」で使用されています。

 

QUEENの名曲ランキング 第9位 地獄へ道づれ(1980)

 

 

ジョン・ディーコンが作曲し、アメリカやスペインなどで1位を獲得するなど、世界的に大ヒットした楽曲です。特にアメリカではシングルセールスが200万枚を超え、3週連続ブラックミュージックチャートで2位を記録しました。

 

QUEENの名曲ランキング 第10位 バイシクル・レース(1978)

 

 

フレディ・マーキュリーが作曲した楽曲で、日本では自転車のCMや、東芝gigabeat、WOWOWのCMにも起用されました。QUEENのメンバー全員が自転車のベルを演奏していますよ。

第1位~10位までの楽曲をランキング形式でご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?QUEENのことをあまり知らない方でも、一度は耳にしたことがある曲も多かったのではないでしょうか?このランキングには紹介しきれないほど、おすすめしたい名曲がたくさんあります。

 

■初回30日無料で試せる「うたパス」でQUEENの「ボヘミアンラプソディー」やその他の曲が聞き放題音楽サービスを試してみてはいかがでしょうか?!

「うたパス」とはこんなサービスです。

  • 通常から月額300円とかなりお得なサービスですが、今なら初回登録後30日間無料!
  • 毎週更新!4,000以上のプレイリスト!
  • ライブ先行受付や無料招待など特典が満載で利用できます!
  • 会員特典で毎週火曜日はカラオケ利用料金1,200円割引き

 

 

QUEENのおすすめアルバムは?

 

QUEENのシングル名曲をランキング形式でご紹介しましたが、アルバムのおすすめも調べてみました。アルバムの売り上げを元に、こちらもランキングでまとめてみましたよ。

 

QUEENのおすすめアルバム 第1位 Made in Heaven(1995)

 

世界中で2000万枚以上を売上げ、QUEENのアルバムの中では最大のヒット作となっています。ボーカルのフレディ・マーキュリーの死後に発売されたアルバムです。亡くなる直前までレコーディングをし、彼の死後、残されたメンバーが音源を編集して作り上げた力作です。

4曲目の「Mother Love」はフレディにとって最後のレコーディング曲となりましたが、終わりの方はもう歌う力が残されておらず、ブライアン・メイがその部分を引き継いで歌っています。背景を知ったうえで聴くとさらに重みのあるアルバムなのではないでしょうか?

 

QUEENのおすすめアルバム 第2位 「世界に捧ぐ」(News of the World)(1977)

 

QUEENの第6作目のアルバムです。スポーツの定番曲「ウィ・ウィル・ロック・ユー」「伝説のチャンピオン」が収録されており、本国イギリスよりもアメリカで売り上げを伸ばしました。定番曲も多く収録されており、QUEEN初心者にもおすすめのアルバムです。

 

QUEENのおすすめアルバム 第3位 The Game(1980)

 

QUEENの8枚目のアルバムです。アメリカで410万枚を売り上げ、アメリカでは最大のヒット作品となりました。アメリカで高い人気となった「地獄へ道づれ」が収録されているのも一因かもしれません。初のシンセサイザーが導入されることにもなったアルバムでもあります。

おすすめのアルバムトップ3をまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?QUEENをまだあまり知らない方は、何枚かおすすめアルバムを聴いてみると、QUEENの良さが分かるかもしれませんよ。

 

QUEENはメンバー仲が悪かった?

 

一部ではQUEENのメンバー仲が不仲ではないかという説が噂されています。伝説の名曲を数々生み出したQUEENですが、実際のところメンバー仲は良くなかったのでしょうか?不仲説についても、詳しく調べてみました。

QUEENのメンバーは4人で、リードボーカルのフレディ・マーキュリー、ギターのブライアン・メイ、ドラマーのロジャー・テイラー、ベースのジョン・ディーコンで結成されていました。

実際の曲を作るときはたくさん喧嘩や言い争いもあったようですね。あれだけの名曲を作るのですから、メンバー仲を気にするよりも、意見を言い合ったり、その意見がぶつかってしまうのも仕方ないことなのかもしれません。

1984年頃にQUEEN人気が少し落ち着いた頃、フレディが落ち込んでいた時期があったようです。毎日メンバーと顔を合わせ、休みもなく曲を作り、世界中でツアーを行うという毎日に疲れてしまったようですね。それはきっと他のメンバーも同じだったと思われます。

それでもメンバーはインタビューで毎回解散について聞かれると「絶対にしない。メンバーチェンジもあり得ない」と答えていましたし、ジョン・ディーコンは「僕達4人とも、実に仲が良かった」と言っていますので、決してメンバー仲は悪くなく、結束も固かったようですよ。

 

QUEENメンバーの現在は?

 

QUEENメンバーは現在、何をされているのでしょうか?まずリードボーカルのフレディ・マーキュリーは、皆さんもご存知の通り、すでに亡くなっています。1991年、HIVによる免疫不全が原因で、ニューモシスチス肺炎という病気にかかり、45歳という若さで亡くなりました。

フレディが亡くなったのはAIDS患者であるという声明文を発表した翌日、1991年11月24日のことでした。その後もQUEENは正式に解散したことはありません。つまり現在もQUEENというバンドは存在しているということです。

ベースのジョン・ディーコンは1997年の「ノー・ワン・バット・ユー」の発表を最後に、QUEENとしての活動には一切参加をしなくなりました。荒波の音楽業界を嫌い、イベントなどにも参加せず、家族と共に暮らしているそうですが、ブライアン・メイとロジャー・テイラーは「彼は現在もQUEENの一員」と述べています。

一方、ブライアン・メイとロジャー・テイラーは現在もソロ活動やQUEEN名義での活動を断続的に続けています。

 

出典:http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/

 

日刊スポーツがロジャー・テイラーにインタビューした際には「QUEENは永久に続ける」と誓っていますから、これからもQUEENは存在し続けるのでしょう。

 

■初回30日無料で試せる「うたパス」でQUEENの「ボヘミアンラプソディー」やその他の曲が聞き放題音楽サービスを試してみてはいかがでしょうか?!

「うたパス」とはこんなサービスです。

  • 通常から月額300円とかなりお得なサービスですが、今なら初回登録後30日間無料!
  • 毎週更新!4,000以上のプレイリスト!
  • ライブ先行受付や無料招待など特典が満載で利用できます!
  • 会員特典で毎週火曜日はカラオケ利用料金1,200円割引き

 

 

QUEEN名曲ランキングとアルバムおすすめは?メンバー仲や現在も気になる!まとめ

 

伝説のロックバンド「QUEEN」について、名曲ランキングやおすすめのアルバム、またメンバー仲や現在についてまとめてきましたが、いかがだったでしょうか?QUEENは数々の名曲を残しており、今回ランキングでご紹介した以外にも、おすすめの名曲がたくさんあります。

アルバムを是非聴いて、ご自分の好きな曲を見つけてみてください。メンバーは現在も活動を続けており、メンバー仲が心配されている説もありましたが、おそらくは今も固い絆で結ばれた、仲の良いバンドだと思われます。

フレディ・マーキュリーの生き様を描いた映画「ボヘミアンラプソディ」も公開され、今後もますますQUEENの人気が高まると予想されます。これからもQUEENの活動が期待されますね!

 

スポンサーリンク

 

■こんな記事も読まれています!

⇒ラミマレック(ボヘミアンラプソディー)歯の秘密?身長や彼女,結婚も調べた!

⇒ベンハーディ(ボヘミアンラプソディ)ロジャーテイラー役ドラム秘話!彼女や身長は?

⇒ボヘミアンラプソディーの映画はいつまで?応援上映や歌声が本人か調べた!

⇒フレディマーキュリーは足を切断?晩年の写真画像やメアリー現在とは!

⇒ブライアンメイのギターが神!身長や家族,結婚歴とは?

⇒ロジャーテイラーの女癖?結婚や身長,現在の活動も調べてみた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です