天才作家の妻/映画あらすじネタバレは?キャストや主題歌も調べてみた!

アカデミー賞有力候補とも言われている映画「天才作家の妻-40年目の真実-」。世界各国で絶賛の声が続々上がり、話題となっているこの作品が、2019年1月26日(土)に日本でも公開となりました。あらすじネタバレやキャスト、主題歌が気になりますね!

今回は「天才作家の妻-40年目の真実-」がどんな映画なのかあらすじネタバレやオスカー候補とも言われているキャスト、また気になる主題歌についても調べてみました!

 

スポンサーリンク

 

天才作家の妻、あらすじネタバレは?サスペンス?

 

まずは「天才作家の妻-40年目の真実-」の気になるあらすじネタバレからご紹介します。このあらすじにはネタバレを含みますので、ネタバレしたくない方は要注意です!

この映画のあらすじはノーベル文学賞を題材としてサスペンス映画となっています。ノーベル文学賞を受賞することになったのは「現代文学の巨匠」と呼ばれている、アメリカ人作家のジョゼフです。ジョゼフを支えるのは、長年連れ添ってジョゼフを支えてきた慎ましく完璧な妻ジョーンでした。

ノーベル賞授賞式の当日、ジョーンと息子デビッドを連れ3人でストックホルムにやってきたジョゼフ。授賞式を前に、妻のジョーンの心中にはいろいろな感情が沸き起こっています。そして夫婦の前には記者のナサニエルが現れます。

ジョゼフの経歴に疑問を持っていたナサニエルは、ジョゼフと家族を追い回し、問いただしていきます。ここからがネタバレですが、実は妻のジョーンは文才に溢れた女性で、過去に作家を目指していたこともありました。出版業界に根付いていた女性蔑視の風潮に失望し、すでに作家の夢は断念していたジョーン。

しかしこのジョーンこそ、ジョゼフの「ゴーストライター」だったのです。夫がスポットライトを浴びようとしている中で、愛と憎しみの狭間で揺れ動くジョーン。ジョーンはゴーストライターであることを暴露するのでしょうか?長年連れ添った熟年夫婦の危機を描いた、心理サスペンスとなっています。

 

天才作家の妻、キャストは?

 

「天才作家の妻-40年目の真実-」に登場するキャストも見てみましょう。豪華キャストが勢ぞろいしていますよ!まず主人公のジョーンを演じるのは大女優のグレン・クローズさんです。

 

出典:http://ten-tsuma.jp/

 

「危険な情事」「アルバート氏の人生」などに出演し、アカデミー賞に6回もノミネートされたこともあるベテラン女優です。グレン・クローズさんはこの役で、第76回ゴールデン・グローブ賞で主演女優賞を獲得されています。さらにこの作品でオスカー候補との呼び声も高まっています。

次に夫のジョゼフを演じるのは、ジョナサン・プライスさんです。

 

出典:http://ten-tsuma.jp/

 

ジョナサン・プライスさんは「未来世紀ブラジル」「キャリントン」などに出演されており、最近では「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのウェザビー・スワン総督役を演じました。2009年には大英帝国勲章コマンダー(CBE)を授与された、まさにイギリスの名俳優です。

次に夫婦の秘密を執拗に追い回す、曲者の記者、ナサニエル・ボーンを演じるのはクリスチャン・スレーターさんです。

 

出典:http://ten-tsuma.jp/

 

子供時代からテレビや舞台で活躍する経験ある俳優さんで、映画「フラッド」やドラマ「MR.ROBOT/ミスター・ロボット」など、様々な作品に出演されています。2016年にはこのドラマでゴールデン・グローブ賞助演男優賞を受賞されています。

そして若い頃のジョーンを演じるのは、なんと主演グレン・クローズさんの実の娘であるアニー・スタークさんです。

 

出典:http://ten-tsuma.jp/

 

2001年に女優デビューし、2011年公開の「アルバート氏の人生」などに出演されています。実の娘とあって、若き日のジョーンを演じるのには最高の人材です。母子の本格映画初共演が実現したことも話題となりました。

それ以外にも、若い頃のジョゼフ役に英国アカデミー賞の助演男優賞にもノミネートされたハリー・ロイドさんや、息子役にTVドラマ「コンドル」で主演を務めたマックス・アイアンズさんなど、一流キャストが脇を固めています。

 

スポンサーリンク

 

天才作家の妻、監督は誰?

 

「天才作家の妻-40年目の真実-」、監督を務めたのは誰なのでしょうか?この映画の監督は、卓越した心理描写が秀逸なビョルン・ルンゲ監督です。ビョルン・ルンゲ監督はスウェーデン出身の監督で、映画だけでなく演劇の分野でも活躍されてきました。

 

出典:http://ten-tsuma.jp/

 

実はビョルン・ルンゲ監督をキャストとして選んだのは、主演のグレン・クローズさんだったそうです。グレンさんは「彼のやり方が好きなの。演劇と映画の知識が完璧に融合している」とビョルン監督を絶賛しています。ビョルン監督は2003年の監督映画「Daybreak」はベルリン国際映画祭で銀熊賞を獲得し、ヨーロッパの最優秀映画賞である青い天使賞も受賞しました。

さらにスウェーデンのアカデミー賞ともいわれる、ゴールデンビートル賞では最優秀監督賞。最優秀脚本賞を受賞しました。2014年には小説「DET ALLRA ENKLASTE」も出版しています。また最新作として、SF映画「Stardream」の監督をすることも決まっており、今後ますます活躍が期待されている監督です。

 

天才作家の妻、主題歌を担当するのは?

 

映画を盛り上げる大事な役目を果たすのが、やはり映画の主題歌ですよね。「天才作家の妻-40年目の真実-」の主題歌を担当するのは誰なのでしょうか?映画の主題歌についても調べてみました。「天才作家の妻-40年目の真実-」で主題歌など、音楽を担当しているのは「アイズ・ワイド・シャット」で知られるジョスリン・プークさんです。

 

出典:http://kubrick.blog.jp

 

ジョスリン・プークさんはイギリス出身の女性ビオラニストです。「アイズ・ワイド・シャット」の主題歌だけでなく、2002年公開の「星に魅せられて」や2005年公開の「ヴェニスの商人」、2006年公開の映画「ハイジ」など、様々な映画に参加しています。

 

スポンサーリンク

 

天才作家の妻、原作や脚本は?

 

映画「天才作家の妻-40年目の真実-」は小説が原作となっています。原作となったのは、2003年に出版されたメグ・ウォリッツァーさんの「The Wife」という小説です。メグ・ウォリッツァーさんはアメリカ出身の作家です。

ニューヨークタイムズのベストセラー小説として、様々な作品を生み出しています。このメグ・ウォリッツァーさんの小説にアレンジを加え、脚本を担当したのはアメリカの脚本家で、監督としても活躍されているジェーン・アンダーソンさんです。主人公のジョーンと同じ女性作家として活躍されているジェーンさんには、衝撃的な物語だったそうです。

 

 

原作では、ジョゼフはフィンランドのあまり知名度のない賞を獲得する物語になっていたのを、ノーベル文学賞という誰もが知る賞に変えたそうです。さらに心に傷を負った息子を登場させることで、物語をドラマティックにする要素を加えたことも、視聴者を引き付ける要因となったのかもしれません。原作本も絶賛発売中ですので、是非要チェックですね!

 

天才作家の妻/映画あらすじネタバレは?キャストや主題歌も調べてみた!まとめ

 

映画「天才作家の妻-40年目の真実-」のあらすじネタバレやキャスト、主題歌についても調べてきましたが、いかがだったでしょうか?

あらすじネタバレを見ても、先が気になるストーリーですね!キャストはグレン・クローズさんや、ジョナサン・プライスさんなど、イギリスを代表する名俳優たちが勢ぞろいしています。主題歌は女性ビオラニストのジョスリン・プークさんが担当されることが分かりました。

アカデミー賞最有力候補とも言われるこの映画「天才作家の妻-40年目の真実-」、日本でも大ヒット間違いなしですね!皆さんも是非映画館に足を運んで、映画を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください