山口百恵の引退年齢は?マイク置く名シーンの引退コンサートとは!

「昭和の歌姫」と呼ばれながら、人気の絶頂期に芸能界を引退した山口百恵さん。山口百恵さんがマイク置く引退コンサートは話題になりましたね!引退されて40年近く経った今でも山口百恵さんの歌は、世代を超えて愛され続けています。

そんな山口百恵さんの引退年齢はいくつだったのでしょうか?今回は山口百恵さんの引退年齢や、話題になったマイク置く引退コンサートについて調べてみましたよ。

 

スポンサーリンク

 

山口百恵の引退年齢は何歳?

 

「伝説の歌姫」として語り継がれる山口百恵さんですが、「伝説」になったのには理由があります。その一つが山口百恵さんの引退年齢です。まだ人気絶頂の若い頃に引退を決めた山口百恵さんですが、当時の引退年齢はいくつだったのでしょうか?

山口百恵さんが芸能活動を正式に引退したのは1980年10月15日のことでした。1959年1月生まれの山口百恵さん、引退年齢は21歳ということになりますね。22歳の誕生日の約3ヶ月前のことだったようです。数々の名曲を生み出してこられた山口百恵さんですが、芸能人としての活動をしていたのは、たった7年半ほどだったんですね。

山口百恵さんがこの1980年10月に引退するまでに売り上げたシングルは31作で1630万枚、LPは45作で累計434万枚に上ります。引退年齢21歳にして、1970年代に最もレコードを売り上げた歌手となりました。山口百恵さんが、今でも「伝説」と語り継がれている理由がよく分かりますね。

 

山口百恵のマイク置く引退コンサートとは?

 

今でも名シーンと言われるのが、山口百恵さんの「マイク置く引退コンサート」ですよね。伝説的なアクションとして知られていて、そのマイク置くパフォーマンスは、いろいろな番組で真似されています。一体このマイク置く引退コンサートとはどういったものだったのでしょうか?

山口百恵さんの引退コンサートは1980年9月30日から開催されました。札幌、福岡、大阪、名古屋、そして最後は東京というスケジュールです。10月5日の引退コンサートの日、山口百恵さんの引退のニュースは、各報道局でトップニュースとして報道されました。それほど国民にとって衝撃的な事実だったことがよく分かりますね。

日本武道館で行われた引退コンサートのチケットは争奪戦となりました。そして日本武道館は1万人を超えるファンで埋め尽くされます。さらには西城秀樹さんや野口五郎さん、谷村新司さんや森光子さんも駆け付けました。山口百恵さんは一般人だけでなく、芸能界でも愛される存在だったんですね。

引退コンサートが始まるとヒット曲を次々に歌い上げ、コンサートが終了します。しかし観客からの熱烈なアンコールの声に応え、純白の衣装で再度登場した山口百恵さん。この後に待っている幸せな結婚を彷彿とさせる衣装がとても素敵です。

 

出典:http://yamagutimomoe.com/

 

「泣かない」と言われていた山口百恵さんが涙をこらえながら、ファンに最後のメッセージを伝えました。

「私が選んだわがままな生き方を押し通してしまいます。8年間一緒に歩んできてくれた皆さんが『幸せに』って、そういってくれる言葉が一番うれしくて。今、皆さんに『ありがとう』という言葉をどれだけ重ねても、私の気持ちには追い付けないと思います。私のわがまま、許してくれてありがとう。幸せになります。」

 

そして涙をこらえたまま、「さよならの向こう側」を歌い、最後には涙をこらえきれずに涙の絶唱となりました。そして歌い終わりファンに深々と一礼すると、8年間の思い出をかみしめるかのように、大事そうにステージの中央にマイク置くと、ステージから去っていきました。

 

出典:http://yamagutimomoe.com/

 

この引退コンサートでマイク置くという感動的な演出は、当時の振付担当をしていた西城満さんが考案したものだそうです。山口百恵さんがマイク置く引退コンサートはDVDでも観ることができますよ。

▼クリックできます▼

 

スポンサーリンク

 

山口百恵の引退理由は?

 

21歳という若さで引退を決意した山口百恵さんですが、引退理由は一体何だったのでしょうか?それは俳優、三浦友和さんとの結婚でした。引退前の1979年10月20日、リサイタルを開いた山口百恵さんはその最中に衝撃的な発表をします。

「私が好きな人は三浦友和さんです」と堂々と恋人宣言をしたのです。その後、三浦友和さんも記者会見を開き「結婚を前提に付き合っています」と公言しました。今のアイドルで考えると、なかなかの衝撃ですよね。当時も山口百恵さんのファンにはショッキングだったに違いありません。

その後、1980年3月7日、三浦友和さんとの婚約発表をした山口百恵さんは「お仕事は全面的に引退させていただきます」と引退発表をしました。正式に芸能界を引退したのは、1980年10月15日でした。「ホリプロ20周年記念式典」で「いい日旅立ち」を歌い、その後の引退記者会見が最後のテレビ生出演となりました。

現役時代、ホリプロの堀社長と意見の相違があったと告白していて、それも引退理由の一つになったのではという見解もあるようですが、実際のところは分かりません。結婚式の際には堀社長が山口百恵さんの父親代わりを務めていますので、意見の相違はあったとしても、関係が悪かったわけではないようですね。

山口百恵さんは引退後、一貫して芸能界とは距離を置いています。何度も復帰説が囁かれましたが、残念ながら一度もメディアに出演されていません。ファンとしては、またテレビで山口百恵さんを見たいですよね。

 

山口百恵、引退後の活動は?

 

三浦友和さんとの婚約を機に、引退を宣言した山口百恵さんですが、その後は何をされているのでしょうか?山口百恵さんと三浦友和さんは、引退直後の1980年11月19日に、赤坂にある霊南坂教会で結婚式を挙げています。

 

出典:https://www.pinterest.jp

 

あまりにも幸せそうな笑顔で、引退は残念ですが「良かった」と思ってしまいますね。ウェディングドレス姿もとてもお美しいです。結婚してから、一度もケンカしたことがないというほど、仲の良いご夫婦だそうですよ。

今では息子さんが二人いらっしゃり、お二人とも芸能活動をされています。山口百恵さんご自身は、キルト作家として活動されています。なんとキルト歴は30年以上にもなり、今では「東京国際キルトフェスティバル」などの展示会に出展するほどの腕前だそうですよ。

山口百恵さんのキルトが展示されている特別ブースは、毎年かなり混雑するようで、今でも山口百恵さんの人気が衰えていないことが分かりますね。山口百恵さんはキルトのインストラクター養成授業も受けられたそうで、現在はインストラクタークラスにいらっしゃるそうです。

 

山口百恵さんがインストラクターとしてキルト教室を開いたら、ファンが殺到しそうです。いつかキルト作家として、テレビ出演される山口百恵さんが見てみたいですね!

 

スポンサーリンク

 

山口百恵プロフィール

 

最後に山口百恵さんのプロフィールをまとめました。

【本名】三浦 百恵(みうら ももえ)旧姓:山口

【生年月日】1959年1月17日

【年齢】60歳(2019年2月現在)

【出生地】東京都渋谷区恵比寿

【出身地】神奈川県横須賀市

【身長】158㎝

【血液型】A型

【活動期間】1973年~1980年(引退年齢:21歳)

【配偶者】三浦友和(1980年~)

【家族】三浦祐太朗(長男)、三浦貴大(次男)

 

山口百恵の引退年齢は?マイク置く名シーンの引退コンサートとは!まとめ

 

昭和の歌姫、山口百恵さんの引退年齢について、またマイク置くシーンが有名な引退コンサートについて、まとめてきましたが、いかがだったでしょうか?

1980年に引退された山口百恵さん、引退年齢は21歳だったそうです。日本武道館の引退コンサートでのマイク置くパフォーマンスは感動的でしたね。今年なんと60歳を迎えた山口百恵さん。記憶の中では21歳の若々しい山口百恵さんのままなので、年齢を聞くと驚きです。

現在はキルト作家として、また二人の息子さんを持つ母親として、幸せな家庭を築いていらっしゃるようですね。これからは息子さんたちが芸能界で活動されるのを、影ながら応援されていくに違いありません。三浦友和さんと仲睦まじく、いつまでも幸せに暮らされることを願うばかりです。

 

スポンサーリンク

 

■こんな記事も読まれています!

⇒山口百恵の生い立ちは韓国人?父親も調べてみた!

⇒山口百恵の息子達に歌手の三浦大知?真相チェック!

⇒山口百恵の約40年ぶり写真とは?本名や話題のキルト写真集もチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください