マイケルジャクソンの肌の色!肌の漂白説の真実は?

 

■マイケルジャクソンを聴き放題!人気アーティスト数No.1の【dヒッツ】を利用してみてはいかがでしょうか?!

初回31日間の【無料お試し】あり!

  • 月額500円(税抜)とリーズナブル!
  • 人気アーティスト数No.1!
  • 歌詞表示に対応!
  • 高音質も提供
  • myヒッツ機能で好きな曲が保存すればパケット代節約に!

 

▼クリックできます▼

dヒッツ/初回31日間無料

 

「キング・オブ・ポップ」と呼ばれ、史上最も世界で売れたアーティストの一人としても知られるマイケルジャクソンさん。2009年に亡くなってからも、いろいろな憶測や噂などが飛び交っていて、いかに人気だったかがうかがい知れます。

その噂の一つが肌の色についてです。肌の漂白などと言われていますが、真実はどうだったのでしょうか?マイケルジャクソンさんの肌の色について、肌の漂白説は真実なのか調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

マイケルジャクソンの肌の色の噂って?

 

マイケルジャクソンさんの肌の色については、色々な噂があるようです。マイケルジャクソンさんの元の肌の色は何色なのでしょうか?マイケルジャクソンさんは、父親ジョセフ・ジャクソンさんと母親キャサリンジャクソンの六男として誕生しました。

 

出典:https://ja.wikipedia.org

 

アフリカ系アメリカ人街に生まれ、マイケルジャクソンさんも黒人として生まれました。生まれた時から黒かった肌の色ですが、次第に白人のように白くなっていきます。

 

出典:https://entertainment-topics.jp

 

マイケルジャクソンさんの肌の色は2000年頃から真っ白になっています。その変化から、「マイケルジャクソンは白人になりたかったのでは?」という説まで浮上しました。今でも肌の色による差別は根強く残っていますが、当時は今よりも強く差別意識があったと思われます。

肌の色が黒いという理由だけで、ギャラが安くなったりすることもあったそうですよ。そういったこともあり、マイケルジャクソンさんは肌の色についてコンプレックスがあり、肌の漂白をしたのではないかという噂が流れたようです。

 

スポンサーリンク

 

マイケルジャクソンの肌の漂白は真実?

 

マイケルジャクソンが肌の漂白をしていたというのは真実なのでしょうか?そもそも肌の漂白とは一体何のことなのでしょうか?まず肌の漂白というのが何のことか調べてみました。実はアフリカでは「肌の漂白」という行為が広がりつつあるそうです。

自分の子どもの肌の色を白くしようと、赤ちゃんの肌の漂白をする母親までいるそうです。しかしそれは安全な薬ではありません。皮膚の色素細胞を漂白する脱色クリームで、中には水銀や鉛が含まれる危険な製品もあるといいます。そういった危険な製品は、もちろん日本では販売されていません。

アフリカでも公に販売されているわけではなく、密輸品として購入したクリームを使う人もいるそうです。ナイジェリアの薬物規制当局職員は、癌を引き起こす可能性があるとして、そういった肌の漂白をするクリームの使用をしないよう警告しています。

マイケルジャクソンさんが同じような肌の漂白をしていたという噂があるようですが、真実はどうなのでしょうか?真実はどうやら違うようです。マイケルジャクソンさんが肌の漂白をしていたという事実はないそうですよ。

 

マイケルジャクソン、肌の色が変化した真実の理由は?

 

マイケルジャクソンさんが肌の漂白をしたわけではないことが分かりましたが、真実は一体何なのでしょうか?実際に肌の色が白くなっているのは事実ですし、何かしらの理由があるのは間違いないですよね。マイケルジャクソンさんの肌の色が変わった真実の理由について調べてみました。

実はマイケルジャクソンさん、「尋常性白斑」という病気だったことが分かっています。「尋常性白斑」という病気は、皮膚の色素の一部分が抜ける病気で、それが徐々に広まっていき、ひどい場合には全身に広がってしまうこともあるそうです。日本でもこの疾患に悩まされている方はいらっしゃいます。

子供の頃から体中に白い斑点があったことが分かっており、最初は黒いファンデーションで隠していたそうです。しかしだんだんひどくなっていくにつれ、黒いファンデーションでは隠し切れなくなり、やむをえず白いファンデーションを使うようになったそうですよ。

マイケルジャクソンさんご自身が1993年のトークショーで「色素を破壊する肌の病気なんだ」とおっしゃっていますが、それが事実だと公式に判明したのは死後の検死報告の際でした。そのため、肌の漂白や白人になりたがっていたなど、差別的な憶測が飛び交ったようですね。

マイケルジャクソンさんご自身は「アフリカン・アメリカン」であることに誇りを持っていたそうです。マイケルジャクソンさんの担当皮膚科医だったアーノルドクライン医師も「彼は白人になりたがってなどいなかった。彼は自分が黒人だということに誇りを持っていた。斑をメイクで隠さなければ、おかしな姿を人前に晒さなければならなかった」と証言しています。

この尋常性白斑はマイケルジャクソンさんの父方の遺伝によるものだそうで、姉のラトーヤ・ジャクソンさんや息子のプリンス・ジャクソンさん、またマイケルジャクソンさんの父方の叔母も白斑を患っているそうです。

 

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

マイケルジャクソンさんは脱色治療で全身を白くしたり、ステロイドや紫外線療法を長時間受けていたという見方もあるようです。それ以外にも、手袋をしたり日傘をさしたりと、日常生活でも大変な思いをされていたようですね。どちらにしろ、身体にも精神的にもかなりの負担があったのは間違いなさそうです。

 

スポンサーリンク

 

マイケルジャクソンの整形箇所は?

 

「マイケルジャクソンは整形のし過ぎ」だとよく言われています。確かに、肌の色のこともあり、晩年のマイケルジャクソンさんの顔は元の顔が分からないくらい変化してしまっていますよね。マイケルジャクソンさんの顔で、最も整形だと言われるのは鼻ではないでしょうか?

最初に整形をしたきっかけは、1979年にステージの床に鼻をぶつけ骨折するという事故によるものでした。この事故のために、やむをえず鼻の手術をしたマイケルジャクソンさんですが、その後呼吸困難を訴え再手術をすることに。それからどんどん鼻が細くなり鼻先がだんだんと上を向いてきていますよね。

 

出典:https://oitachi-ima.com

 

マイケルジャクソンさんの昔の写真と比べると、鼻がいかに変わっているかがよく分かります。こちらが整形をする前と思われる写真です。

 

出典:http://news.livedoor.com/

 

メイクをしているのもあって、かなり分かりづらいですが、鼻と顎が特に変わっている箇所のようです。マイケルジャクソンさんは「顔の変形は成長したから。整形は覚えているだけで2回」と語っています。確かにこの頃よりはかなり成長していますから、整形だけがすべてではなさそうです。

しかしマイケルジャクソンさんの父親は、3回整形したと主張しており、親しい友人によると少なくとも10回は手術していると言っていますので、真実は分からないようですね。ただ、マイケルジャクソンさんが顔にかなりこだわりがあり、ファンに良い顔を見せたいと強く願っていたのは事実のようですよ。

 

出典:http://news.livedoor.com/

 

ちなみにこれは整形前のマイケルジャクソンさんから予想した、「もしも整形していなければこんな顔になっていただろう」というマイケルジャクソンさんの絵だそうです。これはイギリスの「デイリー・メール」に掲載されました。これはこれで素敵ですよね☆

 

スポンサーリンク

 

マイケルジャクソンが激痩せした過去って?

 

マイケルジャクソンさんは肌の色や整形以外にも、容姿にまつわる噂の一つとして激やせした過去があることも注目されています。もともとマイケルジャクソンさんはダンサーとして、かなり体型維持にはストイックになっておられました。

体型維持のためにベジタリアンになったり、ファスティングといって特定の曜日に断食をするなどのダイエット方法を取り入れていたとも言われているんですよ。そんなマイケルジャクソンさんですが、亡くなる直前には異常なまでの痩せ方をされていたんだそうです。

マイケルジャクソンさんのメイクを担当したカレン・フェイさんによると、ロンドンのO2アリーナで「This is it」のコンサートを予定していたマイケルジャクソンさんは、心臓が動いているのが見えるほど激やせしていたんだそうです。それを見た衣装ディレクターもかなりショックを受けていたようですよ。

さらに別のコンサートの音楽プロデューサーは、マイケルジャクソンさんが歌とダンスを同時に行えるだけの体力がないと判断しています。マイケルジャクソンさんの激やせが、何等かの病気からくるものだったのか、それとも過剰なダイエットも関係していたのかは分かっていませんが、周りの人はかなり心配されていたようですね。

それでもそんな様子を見せたり弱音を吐いたりすることなく、歌やダンスのパフォーマンスを続けるマイケルジャクソンさんはさすがプロです!そんな状態になってまで音楽活動を続けていくのは、体力的にもかなり大変だったに違いありません。

 

マイケルジャクソンの髪型が変わった?

 

ジャクソン5として活動されていた頃のマイケルジャクソンさんですが、見事なアフロヘアでした。当時の画像を見てみましょう。

 

出典:https://entertainment-topics.jp

 

アフロヘアも似合っていて、とても可愛らしいですね!その後、髪型を変えて、短くしていますが、その時もまだクセ毛が残っています。

 

出典:https://entertainment-topics.jp

 

そんなクセ毛のアフロヘアが可愛らしかったマイケルジャクソンさんですが、いつの間にかアフロヘアにすることはなくなっています。実は1984年1月27日に撮影したペプシ・コーラのCM中に、火傷を負ったマイケルジャクソンさんは、髪の毛と頭皮の一部を失っています。

この日、マイケルジャクソンさんはロサンゼルスのシュライン・オーディトリアムでCM撮影を行っていました。その時、ステージに仕掛けられていた花火が予定よりも早く作動してしまい、マイケルジャクソンさんの髪の毛に引火してしまったそうなのです!

 

出典:https://eiga.com

 

当時の写真が公開されていました。最初はマイケルジャクソンさんも髪に引火したことに気づかず、11秒ほど燃え続けた結果、頭や顔に大きな火傷を負ってしまったんだそうですよ。周りのスタッフが気づいて消火したそうですが、もし気づかなかったらさらに大惨事になっていたに違いありません。

消火した後も、マイケルジャクソンさんの頭には大きな円形跡が残ってしまい、火傷した部分には二度と髪の毛が生えてこなくなったんだそうです。まだ若かったマイケルジャクソンさんにはショッキングな出来事だったでしょうね。

その後、マイケルジャクソンさんは複数回にわたって頭皮の外科手術を受けています。ステージに立つので見た目も気になるでしょうが、何度も手術を受けるのは精神的にも辛かったでしょうね。さらにはこの事故の後から大量の鎮痛剤を常用しなければならなくなったそうで、事故の恐ろしさがよく分かります。

 

スポンサーリンク

 

マイケルジャクソンのプロフィール

 

最後にマイケルジャクソンさんのプロフィールをまとめました。

【本名】Michael Joseph Jackson(マイケル・ジョセフ・ジャクソン)

【生年月日】1958年8月29日

【出身地】アメリカ合衆国インディアナ州ゲーリー

【死没】2009年6月25日(50歳没)

【活動期間】1967年~2009年

 

■マイケルジャクソンを聴き放題!人気アーティスト数No.1の【dヒッツ】を利用してみてはいかがでしょうか?!

初回31日間の【無料お試し】あり!

  • 月額500円(税抜)とリーズナブル!
  • 人気アーティスト数No.1!
  • 歌詞表示に対応!
  • 高音質も提供
  • myヒッツ機能で好きな曲が保存すればパケット代節約に!

 

▼クリックできます▼

dヒッツ/初回31日間無料

 

マイケルジャクソンの肌の色!肌の漂白説の真実は?まとめ

 

マイケルジャクソンさんの肌の色について、肌の漂白説などの噂の真実について調べてきましたが、いかがだったでしょうか?調べた結果、肌の漂白説は噂にすぎないことが分かりました。真実は尋常性白斑という病気のために、肌の色を白くしていたということだったんですね。

50歳という若さで亡くなった後も、様々な噂が後を絶たないマイケルジャクソンさん。それだけ彼が世界的なカリスマ歌手だったということなのでしょうね。マイケルジャクソンさんの肌の色が黒くても白くても、最高のアーティストであることには変わりません。こういった肌の色による差別の風潮が早くなくなるといいですね。

 

スポンサーリンク

 

■こんな記事も読まれています!

⇒マイケルジャクソン子供時代の名曲とは!子供の肌の色と違うけど?

⇒リービングネバーランド(マイケルジャクソン映画)内容あらすじネタバレは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください