叛逆性ミリオンアーサー2期(2019)ネタバレ!原作結末もチェック!

2019年4月から放送されることになった「叛逆性ミリオンアーサー2期」ですが、1期が人気作だったこともあり、2期への期待も高まっていますね!2期を見る前に、原作のネタバレや結末をチェックしたいという方も多いようです。

今回は「叛逆性ミリオンアーサー2期」の原作について、気になる結末をネタバレ付きでご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

叛逆性ミリオンアーサー2期(2019)原作はゲーム?

 

2018年に1期が放送され、2019年4月からは2期の放送も決まっている「叛逆性ミリオンアーサー」ですが、原作は漫画や小説なのでしょうか?「叛逆性ミリオンアーサー2期」の原作について、まずはご紹介します。

実はこの「叛逆性ミリオンアーサー2期」、スクウェア・エニックスのオンラインカードバトルRPGゲームが原作になっています。このゲームは2011年9月15日に東京ゲームショウ2011で発表され、翌年3月にはスマートフォン向けのサービスも開始されています。

またそれ以外にもPlayStationVita版やニンテンドー3DS版、Amazon版なども発表されている大人気のゲームです。今回アニメ化されている「叛逆性ミリオンアーサー2期」は、まず中華圏で先行配信され、2018年11月29日から日本でもサービスが開始されました。

 

出典:http://portal.million-arthurs.com

 

叛逆性ミリオンアーサー2期(2019)ネタバレ結末は?

 

原作がゲームであることが分かった「叛逆性ミリオンアーサー2期」ですが、1期の結末はどうなっているのでしょうか?2期がどんな内容なのか知るためにも、1期のネタバレ結末が気になりますね!「叛逆性ミリオンアーサー2期」の前に、「叛逆性ミリオンアーサー1期」の結末について、ネタバレを調べてみました。

中世の騎士道物語「アーサー王物語」がテーマになっているのが、この原作のゲームです。アーサー王といえば、剣を刺さっていた石から引き抜き、本物の王になったという伝説ですね。このアニメのタイトル「ミリオンアーサー」という通り、100万人の人たちがこの伝説の剣・エクスカリバーを引き抜いてしまったという設定から始まっています。

100万本のエクスカリバーを抜き、100万人もの人が強大な力を手に入れてしまったため、世の中は混乱していました。さらに歴史もゆがめられてしまったのです。そんな歪んだ歴史を元通りにするために「エクスカリバーを破壊せよ」という命令が下されます。

その指令を受け、立ち上がったのは6人のエージェント・アーサーたちでした。100万本のエクスカリバーを破壊するという任務のために、立ちはだかる敵と戦うアーサーたち。団長、錬金、閣下、鉄拳、山猫、流浪と呼ばれるアーサーたちです。それぞれが個性的で魅力あふれるキャラクターばかりですよ。

 

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

 

次々と敵を倒し、「ブリテン」と呼ばれる地で活躍を見せるアーサーたち。時には90万人のアーサー相手に6人で立ち向かうこともありました。しかし、少しネタバレすると、1期の最終回までに「100万本のエクスカバリーを叩き折る」という使命をまだ1割も達成していなかったのです。この調子で、ちゃんと達成できるのかと、視聴者はハラハラドキドキしていたようですよ。

でもたった6人で100万本の1割、10万本も叩き折ったのですから、お手柄ですよね!2期ではさらに強い敵が現れると思われます。どんな強い敵が現れるのでしょうか?そしてアーサーたちがどのように立ち向かっていくのかも楽しみですね!2019年4月から始まる「叛逆性ミリオンアーサー2期」、必見ですよ。

 

スポンサーリンク

 

■こんな記事も読まれています!

⇒叛逆性ミリオンアーサー2期(アニメ)動画の見逃し1話~!無料アニポの評価は?

⇒叛逆性ミリオンアーサー2期(2019)あらすじは?キャスト主題歌も!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください