バイス(映画)意味は?あらすじネタバレキャストもチェック!

2019年4月5日から公開される映画、「バイス」。アカデミー賞8部門ノミネート作品で非常に話題になっています。

「バイス」という題名にはどんな意味が込められているのか?その意味を解説します。

また、あらすじネタバレ、キャストも気になりますよね。今日は「バイス」のあらすじネタバレ、キャストが誰なのかもご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

 

バイス(映画)の意味は?

 

題名の「バイス」とはどういう意味なのでしょうか?「バイス」の意味について調べてみました。

出典:https://www.youtube.com/

「バイス」とは、職名などの前につけて、「副」、「代理」、「補佐」などを表す単語です。「バイス・プレジデント」というと、副大統領の意味です。

副大統領に、誰が就任していたかの記憶ってあまりないですよね?この映画は、ジョージ・W・ブッシュ政権下で副大統領となった、ディック・チェイニーという実在の人物を主役に描いた映画なんです。

「史上最強の副大統領」と呼ばれる存在感を発揮した副大統領、それがディック・チェイニーです。「バイス」には悪徳・犯罪といった意味もあります。

まさに、ブッシュ大統領の黒幕として暗躍する話です。実話ということで、チェイニー副大統領が、どんな悪役っぷりをみせるのか、怖いもの見たさで、興味がわきますよね。

 

スポンサーリンク

 

バイス(映画)のあらすじネタバレは?

 

「バイス」のあらすじネタバレはとうなっているのでしょうか?「バイス」のあらすじネタバレについて調べてみました。

「バイス」のあらすじネタバレですが、主人公のディック・チェイニーは、架線作業員として何もない日常を送っていました。ある日心を入れかえ、下院議員ドナルド・ラムズフェルドのもとで政治を学びます。

大統領首席補佐官、国防長官を歴任し、ついにジョージ・W・ブッシュのもとで副大統領にまで登りつめます。チェイニーは、実質的な権力を握り、裏で政治を意のままに操り始めます。

そんな中、9.11同時多発テロで、悪の手腕を発揮し、国をイラク戦争へ導くまでの指揮権をえてしまいます。物語のラストは、イラク戦争の真実が明るみにされ、国民の批判が殺到し、政権交代を余儀なくされる、といった結末です。

権力に取り付かれた男のサクセスストーリーと、その崩壊が描かれるわけです。実話と考えたら怖いけど、ユーモアたっぷりに描かれていて、どこか憎めないところにキャラクターの魅力がありますよね。

 

バイス(映画)のキャストは?

 

「バイス」のキャストは誰なのか?「バイス」のキャストについてもご紹介します。

「バイス」のキャスト、一人目は、ディック・チェイニー役のクリスチャン・ベールさんです。今回20kg増量して、役作りをされたそうです。ディック・チェイニーさんといえば、「ダークナイト」のブルース・ウェイン役が有名ですが、「マネー・ショート 華麗なる大逆転」に続き、アダム・マッケイ監督作品の主演を務めています。

今回のディック・チェイニー役は、憑依しているかのように、見た目がそっくりな仕上がりになっていて、本当に驚かされます。

 

出典:https://www.cinematoday.jp/

 

「バイス」のキャスト、二人目は、ドナルド・ラムズフェルド役のスティーブ・カレルさんです。「フォックスキャッチャー」での怪演が評価の高い俳優さんです。

「バイス」のキャスト、三人目は、ジョージ・W・ブッシュ役のサム・ロックウェルさんです。アカデミー賞助演男優賞を受賞した「スリービルボード」での強烈なキャラクターとは違い、今回はブッシュ元大統領にとても似ています。

クリスチャン・ベールさんは、ご家族に、無理な役作りは引き受けないよう注意されているそうです。「マシニスト」では30kg減量されたそうで、本当に誰だかわからない変わりっぷりです。お体に気を付けて頑張ってほしいですね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください